身近な話題.COM

身の回りから世界まで気になった事からライトに発信

風疹の原因は実はワクチンだったと言うオチが・・・

      2016/01/25

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

今回は「風疹ワクチン」の事に付いて書こうと思います。

ちなみにこれはどちらかと言うとお子様のいらっしゃる方向けなのですが、

情報に触れると言う点では良いかと思いますし、

ワクチンを打つのも打たないのも自由なのですが、

中に「水銀」が入っている時点でアウトな感じがしますし、

そもそもそんなものを子供になんて・・・と言うあくまで予防原則に基づく考え方ですので、

絶対にコレ!は自分自身で確かめるのが一番ですので何でも決め付けないで見て頂ければと思います。

さてまずは風疹とはなのですが、

風疹(rubella)は、発熱、発疹、リンパ節腫脹を特徴とするウイルス性発疹症である。症状は不顕性感染から、重篤な合併症併発まで幅広く、臨床症状のみで風疹と診断することは困難な疾患である。

風疹に感受性のある妊娠20週頃までの妊婦が風疹ウイルスに感染すると、出生児が先天性風疹症候群を発症する可能性がある。

男女ともがワクチンを受けて、まず風疹の流行を抑制し、女性は感染予防に必要な免疫を妊娠前に獲得しておくことが重要である。

引用:NIID国立感染症研究所

コレを見る限りとりあえずウイルス性のものである事は解ったのですが症例の幅が広く臨床症状のみで風疹と判断する事は困難・・・と言う事は、

かなり熟練の医者で無いと見極める事は無理だと言う事なのでしょうか?

それとも知識豊富な医者で無いと無理だと言う事なのでしょうか?

そして最後にはまさかのワクチンを受けて風疹の流行を抑制して・・・とありますが、

風疹ワクチンは「ミールビック」というのですがその添付文書には、

ミールビックの添付文書より

緩衝剤 リン酸水素ナトリウム水和物 0.7 mg
リン酸二水素ナトリウム 0.07mg
安定剤 乳糖水和物 18 mg
D-ソルビトール 5.4 mg
L-グルタミン酸ナトリウム 1.8 mg
抗菌剤 カナマイシン硫酸塩 36mg(力価)以下
エリスロマイシンラクトビオン酸塩 11mg(力価)以下
着色剤 フェノールレッド 1.8mg 以下
希釈剤 TCM-199 残量

あれ???どこかで見たことあるような文字がありますね~

先日書いたのですが、味の素!

その名も:グルタミン酸ナトリウムが入っているではないですか~!!

そして薬剤は着色しないといけないのでしょうか?

そしてエリスロマイシンラクトビオン酸塩はウシの乳由来の成分・・・

希釈剤のTCM-199のコレステロールはひつじの毛由来の成分・・・

?が止まらないのですがまだです!

ミールビックの添付文書より

本剤は製造工程でウシの血液由来成分(血清)、乳由来成分(ラクトース) 及びブタの膵臓由来成分(トリプシン)を使用している。

うし・ひつじ・うし・ブタ・・・

別に上記の動物を軽んじている訳では決して無いのですが果たして本当に効くのでしょうか?

これもやはり自ら体験して実証するしかないですが今回はこどもが対象なので中々判断が難しいと思いますが、

結論からするとグルタミン酸ナトリウムの時点でリスクがあると言う事です。

これを機会に世の中の色々な事に違った角度から見れるようになったらと思います。

 - ワクチン