身近な話題.COM

身の回りから世界まで気になった事からライトに発信

気になる日本銀行って株式上場している事について

   

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

皆さんは千円札・五千円札・一万円札さすがにもう見かけ無いですが二千円札は

さて何処が発行している紙幣でしょうか?

国でしょうか?

はたまた違う機関が発行しているのか?

このレベルはさすがにTVでも放送されているのではないかと思うのですが、

正解は日本銀行が発行している紙幣を日々使用しております。

「はっきり言って何も問題ないのでは?」

なんて言われそうなのですが、よ~く色んな所を見みると、

「あれっ!?」と言う所が出てくるんですよ~

私も少し前まではてっきり紙幣に日本銀行券って書いてあるので、

日本銀行=政府なんて思っていたのですが、

実は上記の式は成立しません。

ちなみに政府が発行して言うものが実はありまして、

1円玉~500円玉の各種硬貨は政府が発行しております。

ついでなのでこの硬貨なのですが、

いつの種類で20枚以上までしか使えないそうです。

仮に21枚使おうとしてこの事を知っていたら硬貨の使用をお店側が断る事が出来るんです。

そしてこの硬貨は資源備蓄の意味があって発行されているので、硬貨の毀損には厳しい刑罰が設けられています。

対して紙幣なのですが、

紙幣は別名なんて呼ばれているでしょうか?

その名も日本銀行券と言われていて発行は政府ではなく日本銀行が行っております。

ちなみにこの日本銀行実は株式上場しているんですが・・・

日本銀行の不思議の前に一旦整理すると、

硬貨=日本政府

紙幣(日本銀行券)=日本銀行と言う感じになり紙幣に政府は絡んでないと言う事になります。

そして日本銀行の何が不思議かと言うと、

日本銀行は株式上場している民間銀行(企業)って事知ってましたか?

ちなみに株価を検索しようと思うと誰でも検索出来る様になってます。

ちなみに今日現在は35,800円でした。

さらに資本金は1億円です。

そして気になるのはこの「資本金1億円」なんですが、

そのうち政府が55 % の5500万円を出資しているのですが、

ここまではまあまあ理解できなくないのですが疑惑は次です!

残り45%にあたる約4500万円を政府以外の者が出資しているそうなのですが、

その内訳を見るとさらに疑問が湧いてくるとは思うのですが、

2015年(平成27年)政府以外の出資者の内訳は、個人40.1%、金融機関2.2%、公共団体等0.2%、証券会社0.0%、その他法人2.5%となっている[4]株式会社と異なり、出資者は経営に関与することはできず、役員選任権等の共益権はない

出典:ウィキペディア

ここでん?ってなるのが個人がもう全体のほとんどを占めると言う事で誰が買っているとかそういう事がが重要はなく何か気になりますよね~

そして出資者は経営に関与する事は出来ないのも何の為の出資なんでしょうか?

しかも出資しても配当もかなり%が少ないみたいですし・・・

気になりますね^^

 - 日本情勢, 陰謀論 ,