身近な話題.COM

身の回りから世界まで気になった事からライトに発信

巷の食品添加物は石油から作られている噂・・・

      2016/01/22

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

皆さんは食品添加物と聞いてどんなイメージがあるでしょうか?

今回はタイトルにあるとおり食品添加物は石油から作られていると言う事でなのですが、

そもそも石油生成物って体に良いものなのでしょうか?

と言う事で今回は今思い当たる食品添加物を思い当たるだけ紹介して行こうと思います。

コレを知ると明日から食品表示を見るのが楽しくなるかも知れませんよ^^

・安息香酸・安息香酸ナトリウム・安息香酸塩→多くの栄養ドリンクや清涼飲料水に含まれる事が多く発がん性が確認されている保存料。化粧品やヘアケア商品にも使われていて他の成分との組み合わせで角質軟化作用がある。

・BHT(ブチルヒドロキシトルエン)→バターや魚介冷凍食品、チューインガム、ポリプロピレン等のプラスチック製品(カップ麺のカップ等)にも使用されていて製品から食品に移ってしまうことも・・・勿論発がん性が確認されております。

・グルタミン酸ナトリウム→記事にもした通り興奮毒です。そしてこれが厄介なのですが悪い意味で認知度が上がって来ているせいでアミノ酸等と言う表記があると思いますが、コレが実はグルタミン酸ナトリウムです・・・

・亜硝酸ナトリウム→ソーセージ、ハム、サラミ等の加工肉に使われていて食品の黒ずみを防いでくれて食欲をそそる演出をしてくれる発色剤なのですが厚生労働省が使用量を規定しているそうです・・・アミンという成分と反応してニトロソアミンと言う発がん性物質に変異する事も・・・

・赤色2号→イチゴシロップ・ジュース・ゼリー等のお菓子関係に使われる合成着色料で別名アマランスとも呼ばれているそうです。しかしタール色素の中でも2号はトップクラスの危険性があるそうです・・・発がん性だけではなく、不妊・死産の可能性もありアメリカでは使用禁止だそうです・・・

・pH調整剤→クエン酸、フマル酸、重合リン酸塩等の複合食品添加物を一括してpH調整剤として呼ばれていて、主にコンビニのお弁当類に使用されていて具体的な添加物名がわからなく使用量制限が無い為危険視されている。イライラや神経過敏の元になるそうです・・・

とまあこんな感じで勿論まだまだあるのですがここでは紹介してませんが皆大好きコーヒーチェーン店のイチゴの色って実は虫から作られているなんてそんな事は決して無いと思います^^

そしてここが重要なのですが全部を避けきるのは無理なので、食事の回数を減らす・間食を止める等の一工夫が必要かも知れませんね。

 

 

 - 食品