身近な話題.COM

身の回りから世界まで気になった事からライトに発信

危険なのが承知で販売されていたテフロン加工のフライパン!

   

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

皆さんご自宅で使用しているフライパンでテフロン加工のフライパンはありませんか~

テフロン加工だと焦げ付かないから便利

テフロン加工だとこびりつかない

テフロン加工だと水に流すだけでキレイになるから便利

と言う非の打ち所が一見してなさそうなテフロン加工のフライパンなのですが、

これも調べてみるとやはり色々出てきました^^

最近は食材や添加物ばかりだったのでちょっと趣向を変えまして調理器具のフライパンにフォーカスします。

これは私の勝手な良そうなのでテフロン加工のフライパンが登場する前は鉄のものがそしてステンレスのものがと言う流れだと思うのですが、

鉄のフライパンは重くて・・・

ステンレスは焦げ付きやすくて・・・

と言う消費者の声を元に作られたのではないかと思われます。

「むしろそういう企業は賞賛されるべきではないか!消費者の声に耳を傾けているのだから!」と思われがちなのですが、

確かにそこだけフォーカスすると全くもってその通りで否定をする気は無いですがここからが問題です。

今回は簡単すぎる連想をして頂きます^^

・テフロンと言えば・・・デュポン社ですよね。

もう一つは連想じゃないのですが、

・そしてテフロン加工と言えばもう一つフッ素加工といった商品があるのですがその違いが解りますか?

2つ目の「フッ素」と出た時点で「えっ!?」となった方は常に健康に気をつけている指数(勝手に名前をつけましたw)が高いと思います。

そしてテフロン加工もフッ素加工も同じフッ素樹脂加工と言う事で特に相違点はありません。

と言う事はどちらもなにやらありそうな予感がしますね^^片方はもろフッ素って書いてありますし・・・

そして一つ目の連想で出て来たデュポンなのですがここは「テフロン」の商標を持っているアメリカデラウェア州ウィルミントン市にある世界第9位の化学会社だそうです。

世界大手の化学会社って前にもアメリカのどこかの会社を取り上げた気がしなくも無いです。

そのデュポンなのですが「テフロンの製造過程で発生するPFOAと言う物質に有害性がある」と言う訴訟を起こされその数3,500件以上との事!

ではこの謎のPFOAとは何なのか?デメリットは何なのかと言う事なのですが、

・PFOAー、パ-フルオロオクタン酸と言って自然界には存在しない物質との事・・・

自然界に存在しないという時点でなんだかな~ですね。

じゃあPFOAのデメリットとは?

発がん性が認められている。動物実験では肝臓がん、睾丸ガンが発生した。

未熟児、奇形児、免疫力の低下のリスク

コレステロールや中性脂肪値の上昇

上記の内容は決して人体に良い影響は与えない事しかないのに、

実はデュポンはPFOAの有害性は既に1961年の時点で認識していたそうです・・・

俗に言う「確信犯」ってやつですね。

さらに言うと人体実験まで行っていってPFOA入りのタバコを吸ったところ10人中9人に悪寒・腰痛・発熱・咳いわゆるインフルエンザ的な症状が出たそうです。

そんあ危険な物質が使われているなんて勿論メディアでは報じないですよね^^

人体に有害と言う事は製造工程で環境に有害な物質が発生して河川等に流されていそうですね。

これからは何でも便利であれば良いという考えは持たないほうが良いのかも知れませんね。

 

 - 商品, 陰謀論 ,