身近な話題.COM

身の回りから世界まで気になった事からライトに発信

刺身に良く付いてくる「ツマ」って果たして食べて大丈夫??

   

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ツマと言えば刺身の主役ではありませんが引き立て役としてそして刺身から出る水分を吸うと言う役割を持った欠かせない存在だと思います。

がしかし前回のネギトロつながりでツマを記事にしようと思ったのですが、勿論知らなかった事実が出てきます。

今回の記事は本当のお寿司屋さんには全く関係もない事なのですが、居酒屋やスーパーのツマは大丈夫なのでしょうか?

前回の記事の通り魚は代用魚の可能性が高いのに・・・

ネギトロはそれっぽい感じの物を作っているのに・・・

これは前回書いてないですがイクラも人工的にそれっぽいものを作っているのに・・・

ツマだけ本物ってかなり考えにくいですよね?

勿論「ツマ大好き!」とか「そんな事言っていたら食べるものが無い!」と言う方は遠慮なく食べて頂いて問題はないですし止めはしないのですが、

食品の扱いにかなり厳重な管理が必要とされる昨今、

大事なので繰り返しますが、本物のお寿司屋さんはともかく!

スーパーや価格で勝負している居酒屋さんで出てくるツマは果たして大丈夫なのでしょうか?

と言う疑問が出て当然だと思いますが、その回答には、

殺菌・滅菌・漂白しているのでご安心下さい!」

なんて言う感じの威勢の良い回答が聞こえて来そうですがその殺菌・滅菌・漂白に果たして何が使われているのでしょうか?

これまでのブログの内容から察するに、

安全」・「大量生産」・「低価格」と言う事を実現しているかのような感じだと思いますがそんな事は無いと思いますし、

過去のブログでも上記3つのキーワードのどれかが出てくると思います。

その諸悪の根源は「コスト」と言う一言に尽きるのではないかと思います。

ほとんどの企業は利益が無いとと言う事で営利目的なのは百も承知なのですが、

これも結構書いていると思うのですが、

じゃあ利益が出ればお客様が喜んでくれればそれだけで良いのか?と言う事なのですが、

そんなこと無いと思います。

そして今回取り上げたツマなのですが偽者のツマはなんだか薬的なニオイがしませんか?

今一度いつも食べているツマのニオイを確認してみて下さい。

もっと言うと塩素的なニオイはしないでしょうか?

勿論安全の為に殺菌・滅菌・漂白されているとは思うのですがそのせいだと思います。

何を使っているかと言うと次亜塩素酸ナトリウムと呼ばれる殺菌効果がある物を300~600倍に希釈して使用しているそうです。

ちなみにこの次亜塩素酸ナトリウムは「カビキラー」等に使用されています。

そして何が危険かと言うと次亜塩素酸ナトリウムを摂取するとアレルギー発症率が高まるそうです。

これも予防原則に基づくものですが本物のツマは消化吸収を助けて胃をスッキリさせる効果があるそうなのですが、

次亜塩素酸ナトリウムは使って無いので食べても安全ですが、

カビキラーを1回くぐらせたものはどんなに薄くても食べて良いのでしょうか?

今の時代かなり難しいですが細かい所も見ていかないと知らない内に病気になる可能性があるので気をつけていきたいですね。

 

 

 - 食品