身近な話題.COM

身の回りから世界まで気になった事からライトに発信

【何度もお願いしたのに・・・】デビット・ケイ氏の呼びかけに逃げた大臣なんていませんよね?

   

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

さてみなさん世界の報道の自由度ランキングってご存知でしょうか?

そして現在の日本の報道の自由度ランキングって今何位にランクインしているのかご存知でしょうか?

その順位何と・・・素晴らしい事に72位だそうです!!

いや~これも一重に現政権の努力の賜物ですね!!

勿論良い意味では決してありませんからご注意を^^

放送規制しかれてませんか?

このワードはスポンサー様に不都合なワードだから使ってはダメと言う事で公平性の欠片も無い感じに番組作られてませんか?

山本太郎氏によると現場は現場で表立って伝えようとするとNGが出るから何とかこの1秒で!!と言う涙ぐましい努力をされているそうなので、

TVをご覧になる方はそういう所に注目をして頂きたいと思います^^

さて報道の自由度もかなり地に落ちたに等しい残念な国日本なのですが、

そこに調査の為に国連人権理事会から特別報告者に任命されたデビッド・ケイ氏が調査に入ったそうなのですが、

実はこの話去年にも出ていたそうなのですが・・・

ここまでくるともうピンと来ている方がいるかと思いますが来日直前になってまさかの来秋にするように日本政府側からのまさかの要請があったそうです。

きっと何かの証拠隠滅中だったのではないかと疑われてもおかしくは無いですよね?

そんな中私も知らなかったのですが「国連を妨害す事は何事か!」と言う批判が相次ぎ今回の調査に至ったそうです。

今回デビッド・ケイ氏は様々な事に言及しており、

「昨年11月、日本の外務省から『予算編成作業があり十分な受け入れ態勢が取れない』と説明があった。本当の理由はそちら(日本のマスコミ)で政府に聞いて欲しい」

「事前調査した上で来日したが、実際にジャーナリストや官僚にヒアリングして、日本メディアの独立性についてむしろ懸念が強まった。特定秘密保護法は秘密の範囲が広過ぎる。情報を制限するとしても、もっと透明性の高い形ですべきだ。記者クラブ制度は、調査ジャーナリズムとメディアの独立性を制限しようとしている」

ケイ氏の批判の矛先は安倍政権の閣僚にも向く。菅官房長官を名指しし、「自分の放送法の解釈に従わない番組があることを、オフレコ懇談で批判したと聞いた」と暴露。電波停止の可能性をチラつかせてテレビ局をドーカツしようとした高市総務相についても、「何度も会いたいと申し入れたが、国会会期中などを理由に断られた」と批判した。

出典:高市総務相も逃げた国連「表現の自由」特別報告者の舌峰

と言う事で名指しされている方やきっとTV出演とかしている暇が無かったぐらいに忙しく何度かの面会要請もお断りされたのでしょうね~

まあそもそも日本の大臣は事前に答えあわせをしないと答弁すら出来ないと言われているから会ったら政治家生命を絶たれてしまうから、

「今だけ・金だけ・自分だけ」がスローガンな方々は会わないでしょうね~きっと。

 

 - 日本情勢