身近な話題.COM

身の回りから世界まで気になった事からライトに発信

コーラを飲んで1時間の間に体に起こることが凄い!

   

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

かなり前になるのですがコーラは一缶で一日の砂糖の摂取量をオーバーしてしまうと言う事と、

じゃあ砂糖不使用(厳密に言うと人工甘味料を使っているので人工甘味料とは何なのか解る人には一目瞭然なので嘘なのですがw)の

ゼロカロリーやトクホのコーラなら良いよね?

と言う話にもなりません。

ただし「私が気にしているのはカロリーだけで後はもうほぼ無視しても体に害は無い!」と言う方は是非その後の経過を教えてください^^

後確かに飲むのを止めた方が良いのですがそれを強制するつもりは毛頭無いので、コーラ愛好家は見ないほうが良いかも知れません^^

今回はコーラを飲んでから1時間もしくはその後の体の変化を書くのですが、

これたまたま見つけてしまったのですが、

結論からするとやはり飲まない方が良いと思う事には変わりは無いのですが、

これは一見の価値有りだと思うので今回はカパライアさんから引用です。

まずはアイキャッチにもしましたが写真からご覧下さい!

89184d37-s

では次は最初の10分からをそのまま引用します。

・最初の10分

人体システムをティースプーン10杯分の糖分(1日の許容糖分量の100%)が襲う。

リン酸が味を抑えるため、圧倒的な甘さで突然吐き気を催す事はない。

・20分

血糖値が急上昇し、インスリンの大量放出が起きる。肝臓が反応し糖分を手当たり次第脂肪に変えていく(この瞬間は、そのための糖分が大量に存在する)。

・40分

カフェインの吸収が完了。肝臓の糖分を血流に放出するため、瞳孔が広がり、血圧も上がる。脳内アデノシン受容体が遮断されて眠気が吹き飛ぶ。

・45分

ドーパミンが増加し、脳内の会館中枢が刺激される。ちなみにドーパミンは、ヘロインと同じような物理的さようがある

・60分

腸管下部でリン酸がカルシウム、マグネシウム、亜鉛と結合し、さらに代謝を促進する。これは大量の砂糖や人工甘味料によって、尿によるカルシウム排出と言う形で追い討ちをかけられる。

・60分後

カフェインの利尿作用が発揮される(つまりトイレに行きたくなる)。こうして、骨に向かっていた結合カルシウム、マグネシウム、亜鉛は、ナトリウム、電解質、水分とともに排泄される。

・60分後

体内の乱痴気騒ぎが収集するにつれて、低血糖が起きる。イライラやだるさを感じる場合もある。まら文字通りコーラ に含まれていた水分の排尿も始まる。だが、水分を補給したり骨や歯を丈夫にするために体が使えたはずの貴重な栄養がそこに浸透してしまってからのことだ

と言う事で60分後が何故2つあるのか置いておいてw

これは「ニラジ・ナイク」と言う方が作成したそうで、大勢の高血圧や糖尿病患者の薬摂取をやめさせることに成功してきた方が作ったそうなので信憑性はあるのではないでしょうか?

とまあさすがにこれを見ると一つ一つを詳細に解らなかったとしても飲んで1時間でこんなにも変化が訪れてしかもパッと見よくない事がたくさん書かれていると言う事で、

「コーラはダメ、ゼッタイ!」の一言よりもより説得力があると思いますので、

「何とかこれからの為に止めてもらえないか」と思っている方にはこれは効果的になるかも知れないと思ってみたので、

取り上げてみました。

 

 - 商品, 砂糖, 食品 ,