身近な話題.COM

身の回りから世界まで気になった事からライトに発信

オリーブオイルにも偽者が!!

   

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

オリーブオイルと言えば皆さんご存知MOCO’Sキッチン!

それで一躍脚光を浴びたのが「オリーブオイル」なのですが、

今ご自宅でお使いのオリーブオイルって本物なのでしょうか?

まあとりあえず雰囲気だけ味わえれば安くても気にしないと言われればそれで今回は終了なのですが、

本来オリーブオイルってスーパーで気軽にそして低価格で手に入る代物ではどうやらないそうです。

オリーブオイルと言えば料理の時の調味油としての使い道だけではなく調味料としても使われてサラダ・パン等にかけたり・つけたりして、

かけているイメージは勿論MOCO’Sキッチンを想像すると一番想像しやすいと思います。

そしてここからが重要なのですが、じゃあ一体どのような表記のオリーブオイルが良いのか?事ですが、

一番は酸度が0.8以下で官能検査で欠陥要素なしと判断された、

「エキストラ・バージンオリーブオイル」をものが食用として適しているそうです。

恐らくTVで見た事があるオリーブオイルの効能として、高い抗酸化作用があって、動脈硬化や心筋梗塞の予防に効果があるのは上記のエキストラ・バージンオイルしかないのではないかと推測されます。

そしてこれは他の食品にもありそうなのですが、

国際オリーブ協会(IOC)と言う協会があり残念ながら日本は加盟してないそうです。

ちなみに国際オリーブ協会では、

・バージンオリーブオイル

・精製オリーブオイル

・オリーブオイルの3つに分類されているそうです。

そして日本はと言うと協会に加盟してないと言う事で日本農林規格(JAS)になるのですが、

日本農林規格のエキストラ・バージンオリーブオイルの基準が国際オリーブ協会とは違い、

「酸度が2%未満である」

と言う事なのですが、確かに2%以下なら中には0.8%もあるのかも知れませんがそれなら最初から基準を合わせれば良いのでは?と思ってしまいます。

と言う事でこんな事に気をつけてみようと言うのを列挙しておきます。

・オリーブの実を傷つけないようにそして葉や枝等が混ざらないように手摘みなのか

・低温で圧搾してオイルを抽出しているのか

・勿論熱や化学物質は添加されてないか

・プラスチック容器は化学物質を吸収する恐れがあるので瓶・ステンレスの容器なのか

 

 - 調味料, 食品