陰謀論.com

身の回りから世界まで気になった事からライトに発信

やはり危険なコンビニのおにぎり!!

   

前回はコンビニのおでんを取り上げたので、コンビニ繋がりと言う事で、

今回はコンビニの「おにぎり」について書きます!

おにぎりと言うともう国民的と言うか日本を象徴すると言うか何と言うか、

簡単に言うとソウルフードと呼んでも間違いは無いと思いますが、

コンビニのおにぎりは一味違いますよ~^^

これは私の勝手なイメージなのですが過去コンビニを利用させて頂いた者の当時の感想としては、

  • コンビニに行くと必ずおにぎりが棚に並んでいた
  • そして商品数があるので色々選べました
  • 包装にも工夫がされていたので海苔がちゃんとまけてしかもパリパリ
  • 電子レンジで温めると出来たての様なおにぎりが頂ける(なぜ当時は電子レンジを使っていたのか・・・)
  • 美味しい(あくまで当時の感想です^^)
  • 見た目がキレイだからきっと食べても問題ない。(これ今でも思っている方が多いと思います)

とこんな感じではないでしょうか?

しかし今回の内容で、

「こんなに便利で安くてしかもある程度美味しい物を常に売っていて品質管理もしているのに何があるって言うの?」

とお叱りの言葉を頂きそうなのですが、今挙げたのは外から見ただけのそして内のことは一切知らなかった、

当時の私の感想を列挙しただけで、

何度も取り上げているので説明不要かと思いますが、

「美味しい」・「安い」・「安全」の裏には必ずと言って良いほど良くない事が隠されていると言っても過言ではない気がします。

と言う事でまずは「安い」からなのですが、一体コンビニのおにぎりの原価はいくらなのか1度考えた事はあるでしょうか?

勿論おおよそ季節限定の企画商品でない限り約100円と仮定すると当たり前ですが100円以内だと思われますが、

ナント!原価は5円ぐらいだそうです~

この時点で良く見る国内産米使用と書いてあるのですすがどんなお米が使われているか疑問になりますね。

次は「美味しい」ですが、勿論ここにも突っ込み所がありまして・・・

おにぎりを作る工程を想像して頂きたいのですが、

  1. まずは炊飯器からご飯を取り出して
  2. 手に塩をぬって
  3. 後は握る

とまあこんな感じのいたってシンプルな工程だと思いますが、

途中で保存が出来る様にpH調整剤グリシンは使いませんよね?

ちなみにグリシンはアミノ酸の一種で、なぜかモルモットに大量に与えると中毒を起こして死亡してしまう事もあるそうです!

そしておにぎりを握ろうとする時に手に付くのが嫌だからと言って植物油なんて使わないですよね?

もし具材を使う時も、ソルビットなどの甘味料やこれも保存の為と言ってpH調整剤なんて使いませんよね?

最後に「安全」ですが、上記をご覧の通りなのですが、余計な物がたくさん使われているのに安全なんて訳が無いと思いますよ!

 

 

 - 商品, 食品 ,