身近な話題.COM

身の回りから世界まで気になった事からライトに発信

【非正規】凄いランキングが発表されていました!

   

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

皆さん今の日本の景気はどうでしょうか?

そして日々色んな形で消費行動を取るとは思うのですがその基準となる物は果たして何でしょうか?

・値段でしょうか?

・企業のイメージでしょうか?

・それとも自力で集めた情報を元にでしょうか?

一概にどれが良いとは言いませんが是非ご自身で決めて後悔のないようにして頂ければと思います。

そして消費行動をするには必ず必要なお金が必要になって来ますよね?

何が言いたいかと言うとタイトルにある通り給料が上がった方ってどれだけいらっしゃるんでしょうか~

私はこれ凄い疑問だったんです。

と言うのもたまに見かける山本 太郎氏の動画に良く出てくるのが「非正規社員爆発的に増えた」と言うセリフなのですが、

こうなってしまったのもどこかの会社の会長が原因なのではと言われておりますが、

勿論そんな真相闇の中って感じなので深くは探りませんがあるブログではガンガンその方の名前が出て来ております^^

ヒントは人材派遣の会社ですよ~

最大のヒントはアイキャッチにしてみました^^

と言う事で今回はじゃあ「爆発的に増えた」と言われる非正規社員ってどれくらい増えてしまったのだろうか?

と言う所にフォーカスして行こうと思います。

まず初めに正規社員と非正規社員の間の賃金差を見ていきたいと思います。

せっかく山本太郎氏の名前が出たので、永田町恐怖新聞vol.2によると、

・正社員→473万円

・非正規社員→167万円

とまあ一目瞭然だと思います。(これは勿論平均なので全ての方がこの間かと言うとそういう訳ではないのでご注意下さい。)

と賃金差から何が生まれるかと言うと勿論消費に影響が出てくるのですが、

大手って過去最高益出しましたってニュースをちらっと見たことがあるのですがもしかして正社員を減らして非正規社員を増やして、

人件費が浮いた分の含んでいるのではないかとちょっと思ってしまいます^^

とは言えその気になるランキングなのですが、今回は東洋経済ONLINEの2月22日の記事をリンクを貼ったので見て頂ければと思うのですが、

項目は、

・順位

・社名

・非正社員(臨時従業員数)数(人)

・従業員数(人)

・非正社員比率(%)

・5年比臨時従業員増減率(%)

・5年比従業員増減率(%)

とかなり詳細まで取り上げられているのとてっきりTOP10ぐらいかと思ったのですが、

まさかのTOP500までランキングされているのでこれは一見の価値大有りだと思います。

そしてこれは就職活動をする上でも重要な資料になったりするかも知れないので学生の方も必見かも知れません。

まあしかし働き方の自由と経営上難しい面もあるとは思うのですが、

何んでもイメージ先行型と言っても日本は過言ではないので、

優秀な人材確保の為もしくは消費行動活性化の為もし内部留保があるのなら、

確かに円が不安定なのは勿論承知の上なのですが人件費に少し回してみても良いのかも知れませんね。

 

 - 日本情勢