陰謀論.com

身の回りから世界まで気になった事からライトに発信

【諦めないで!】お金が無くてももしかしたら医療が受けられかもしれない救済措置がある!

   

これは私も知って驚いたのですが、

皆さんでも、友人の方でも、ご親戚の方でも、ご家族の方でもそうなのですが、

周りで経済的に困難だから医療が受けられないと言う様な方はいらっしゃらないでしょうか?

このプライバシーがどうこうと言う時代にそんなに簡単に見つからないとは思うのですが、

もしかしたら経済的に困難でも医療が受けられる可能性があるんです!!

ここで重要なのは私は医学に非常に疑問が(特に西洋医学は緊急時以外は必要ないと思っている)あるのですが今回は1回その考えを置いておく事にしたいと思います。

勿論病院は只ではありませんので国民皆保険制度下ではあれどいくらかの出費は避けられないのは事実だと思います。

私もてっきりお金が無いと病院では全く相手にされないのかと思いきやそうではないとの事です。

後まず初めに書いておきますがせっかくの制度なので悪用しようなんて思わないでくださいね^^

きっと出来ないと思いますけど、

もしこれの制度の悪用が多発して国や地方自治体が何らかの対策を取ってしまって本来受けられるものが受けられなくなってしまったり、

今までこの分野で努力してきた方の苦労を水の泡にして欲しくないんです!!

払える方はちゃんと払って下さいね。

今回こういう制度があると知ったのは

藤田 孝典氏 NPOほっとプラス代表理事 聖学院大学客員教授がYAHOOニュースに投稿した記事で知ったのですが、

社会福祉法第2条3項の九『生計困難者のために、無料又は低額な料金で診療を行う事業』なるのもがあり、

社会福祉法第2条3項の九では『生計困難者のために、無料又は低額な料金で診療を行う事業』を第二種社会福祉事業として位置付けている。

政府は、病院事業者に対して、生活に困っていて医療費が払えない、あるいは医療費を払う余裕が無い人々を受診させてもらえるように事業を設けている。

この届出をした病院は、無料又は低額で医療行為を一定数行うことと引き換えに、税制上の優遇措置を受けることができる。

出典:お金が無くても保険証が無くても病院受診する方法!

皆さんこれ知ってましたか?

ちゃんとカラクリもあり税制上の優遇措置が受けられるその代わりに医療費を払う余裕が無い方も診てあげてと言う制度なのですが、

じゃあ具体的に何処に行けば良いのか知りたいですよね?

特にこの分野で永年にわたり、努力されてきて有名なのは、社会福祉法人恩賜財団済生会である。

皆さんのお住まいの周辺に、済生会○○病院や○○済生会病院はないだろうか。

そして、済生会以外にも多くの病院が無料低額診療施設として登録されている。

他の道府県については、「無料低額診療施設」を検索し、ホームページを参照いただきたい。

と言う事でお住まいの地域にまずは「無料定額診療施設」を検索してみるところからですね。

そしてもし困っている方がいたら教えて上げましょう^^

 - 医療, 生活 ,