身近な話題.COM

身の回りから世界まで気になった事からライトに発信

【見透かされてますよ・・・】熊本地震対策の予算編成を行ったが現地では・・・

   

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

久々に熊本の震災関係の記事を書くのですが、今回の震災に関しての予算編成が行われたそうです!

その額3000億円規模と言う事で(この規模ってなんなんでしょうね?)、

まあパナマへの支援は2800億円なので額を見る限りは一応日本も大事だと思っていますよイチオウ・・・って所ではないでしょうか?

勿論今回も大いに福島のように口だけで気が付いたら現地に何も行き渡らず大企業の儲け話になってしまってはい終了~

みたいになってしまう事だと思います。

そろそろと言うかきっとばれていると思うのですがまた同じオチだったらもう大企業の不買大運動開始ですね。

そしてこれはまさかの選挙の為だともう既にネットでは言われていてあれ・・・もうバレているかも知れませんね^^

こう言う事はドンドンばらしていって頂きたいもので向こうの手口さえ解ってしまえばこちらも色々打つ手がありしかもパターン化が出来ればこれまた対策が簡単になると言う事で、

是非内部から色々な情報を吸い上げれる環境を市民側で作りたいものです。

そしてネットではもうパフォーマンスと言われているのが伝わってるのか、現地でも歓迎ムードではどうやらないみたいなんです。

まあ激甚災害指定も政治利用している疑惑がある総理ですからまあ仕方ないと言えば仕方ないですね。

「どうせパフォーマンスでしょ……」

政府が熊本地震対策として3000億円規模の補正予算案を組むことに対し、現地の被災者が冷ややかに見ている。安倍首相は「総力を結集し、復旧・復興に取り組みたい」と力説しているが、東日本大震災の時のように、我田引水の事業に官僚が流用したり、ゼネコンにバラまかれるのではないかと疑っているのだ。

河野防災相は26日、早速、仮設住宅約3000戸分の建設が可能になったことを国会で説明した。全半壊した3200棟分の住宅をカバーできるそうだが、現地に歓迎ムードはない。

「確かに車内や体育館より、仮設住宅の方が安全だし衛生的でしょうね。しかし、熊本県にはすぐに入居できる公営住宅が420戸もある。九州・山口も合わせると、8県で約3100戸あると聞きました。この地方は6月中旬に梅雨を迎えます。いつ完成するか分からない仮設住宅ではなく、公営住宅に入居したいです」(熊本県益城町の被災者)

出典:被災者冷ややか 安倍政権“復興予算バラまき”熊本でも画策

確かにいつ完成するか解らないのに梅雨を迎えたらそれこそ2次被害になってしまいますね。

 

 - 日本情勢