身近な話題.COM

身の回りから世界まで気になった事からライトに発信

【苦しいかも】舛添東京都知事の弁明が素晴らしい件・・・

   

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

さて今世間を騒がせているのがかの有名な舛添都知事な訳ですが、

まだまだ出てきそうですよね~

このブログでも支配層からのスピン報道に協力するかの如くw

【贅沢の次は・・・】現東京都知事の「都民って誰?」と言う驚愕発言!

【要!監視!!】舛添ド派手なパリ出張費・・・

【内訳が発表されました】噂の舛添知事の出張の内訳が出たみたいです!

【センテンススプリング!】舛添都知事のお役御免か!?政治資金規正法違反の重大疑惑が浮上した模様・・・

こんな感じで記事にさせて頂いてますがなにせ多すぎて全部拾いきれてません^^

そしてさすがにこれだけ多いともしかしたら安保法制の時の「日本人は時間が過ぎると忘れる説」を信じてとりあえず最初は辛いが後はきっと忘れているからこのまま時間が解決してくれる!

なんて思っているのでは無いでしょうか?

もしそれが狙いならそうさせてはいけないと思いますしこれが国政だったら・・・

去年もう1回やられているんですよね・・・

きっと支配層的には、

※ここで言う支配層は現政権与党を担っている傀儡達ではありませんのでご注意を!

「日本人はもう楽勝」だと思われていると思います。

そして少数派色々な事に気が付いて行動をするだろうけどまあ放置しておいて問題なし!

みたいな流れになっているのではないでしょうか?

きっとオリンピック誘致に関しては「電通」の名前は消えるけど「舛添」の名前は消えませんこれは前回も記事にしましたが、

今丁度良いお金と政治問題に国民の関心を向けさせて少しでも政権にダメージをもしくは日本人が気が付くのか試されているかのどちらかだと思います。

じゃあどうすれば良いかという話になるのですがこう言う事を一つ一つかつ地道に追求していくしかないと思います。

もしかしたら一部報道に出ているのですが次の都知事候補も元は一緒的な感じがするのでもう国民からの監視を強めるしか方法は無いと思います。

と言う事でまだまだ追求の手を緩めてはですし以下で都民の怒りをさらに買ってしまいかねないのですがあまりに素晴らしいので是非ご覧下さい。

1時間47分に及んだ会見は「責任逃れ」に終始した。

正月の“会議”が家族旅行と一緒になったのは、「子供との約束のため」。

東京ではなく千葉のリゾートホテルで会議をしたのは「マスコミに追われていたから」。

領収書に宛名がないのは「店側の都合」。

飲食費の公私混同は「会計責任者のミス」。

何から何まで「人のせい」なのだ。

舛添知事は、会見場に詰めかけた200人の報道陣を前に、作り笑いの余裕で真摯な態度をアピールしようとしていたが、都合の悪い質問には早口になってイラつく。いかにも卑怯な人間性を垣間見せた。

出典:「責任逃れ」で自ら墓穴 囁かれ始めた“ポスト舛添”の名前

と言う事でこれ都知事がこう言ってほぼお咎め無しならどなたかはトップリーダーだ!と言う発言も私は記憶しているですがさすがに、

こんな苦しすぎる言い訳をトップリーダーがする訳無いですよね?

最後にyoutubeで動画があったのでお時間のある方はそちらもどうぞ!

 - 日本情勢