身近な話題.COM

身の回りから世界まで気になった事からライトに発信

【画期的!】何とリチウムイオンより高性能その名も「藻のバッテリー」

   

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

今まではこれに気をつけて!

これは実は意味が無い!

そして先行きがかなり不安な日本・世界情勢を日々記事にしているのですが、

今回はちょっと明るい話題ですよ~^^

と言うのも今回は新しいカテゴリーで、

昨今皆さんが日ごろからお世話になっている電池の話です。

電池を言うと思い浮かぶのは恐らくiPhoneを初めスマートフォンもしくはガラケーの中に入っているリチウムイオンバッテリーなのではないでしょうか?

現在はリチウムイオンバッテリーで日常生活がかなり便利になったと思うのですが、

使っていてなんとなく気が付いているかも知れませんが、

まだ改善の余地は残ってますよね?

と言う事で今回はそのリチウムイオンを凌駕する性能を持ったバッテリーが開発されたそうです。

今回は開発したのは日本ではなくアメリカのカリフォルニア州バークレーにある研究ラボにて藻を使ったバッテリーが開発されているそうです。

こんな開発聞いた事がないのですが、

今実はエネルギーに関しては色々なものが既に存在しているのはご存知でしょうか?

「ヘンプオイル」

「R-水素」等まだ全くもってメジャーではないですが実はこう言う事を研究実験している方が日本にもいらっしゃるのですが、

何と「藻」です「藻」!!

あまりにも予想外の物が出てきたのでビックリしてしまったのですが、

どうやらこれが完全に開発されるとかなりの高性能バッテリーを開発する事が出来るそうです!!

まだ詳細と言える情報は出ていないのですが、

既にご存知の方も多いかもしれませんが、藻という植物はその繁殖力が凄まじく、化石資源に頼らない燃料「バイオ燃料」としての可能性が見出されている非常に優秀な植物。
既にアメリカでは数多くのバイオベンチャーが存在しており世界のお金もこの分野へ多く流れてくるとの予想がなされています。
そんな中、こちらの研究室では藻から電気を取り出す実験に成功。
プロトタイプ開発者のAdam Freeman氏によると、この「藻バッテリー」でいつかはテスラの電気自動車まで充電できるだろうとのこと。
しかもその性能は通常のリチウムイオンバッテリーと比較して200倍の効果を発揮するのだとか。

従来のものよりも充電のスピードは早く、持続時間は長くなっており、もちろん電気自動車だけでなく携帯電話やタブレットをチャージすることが可能。
詳細な原理についてはよく分かりませんが、藻に含まれる薄い膜のようなものがイオンの通り抜けを容易にするため、従来よりも効率的な電気の発生を可能としているようです。

出典:藻のバッテリー開発!従来のリチウムイオン充電の200倍の性能

通常のリチウムイオンバッテリーの200倍の効果があるそうなのですが、

そうなるともしスマホにそれが採用されるとかなり長持ちするのでは?

と思ってしまいますね。

こういう新技術の開発の裏で環境破壊がされていないのであればこう言う事もどんどん取り上げていこうかと思います。

 

 

 - エネルギー