身近な話題.COM

身の回りから世界まで気になった事からライトに発信

【甘利元大臣の不起訴の立役者】務省の実務責任者である黒川弘務官房長がどうやら暗躍したとの事。

   

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

最近はこのブログもそうなのですが舛添都知事一色になりがちなのですがこう言うのは良くないと言う事で、皆さん覚えていらっしゃいますでしょうか?謎の睡眠障害になって一応療養中と言う事だったのに地味~に次の選挙に対して根回しをしていた元大臣を!

そうです!甘利明前経済再生担当相です!!

甘利前大臣と言えば何かと言うと、

【絶妙】甘利大臣睡眠障害との事なのですがタイミングが良すぎる!?

【やっと動いた!】甘利明前経済再生担当相・UR等東京地検特捜部が家宅捜索したそうです~

【掘ればまだあるかも・・・】甘利元大臣の元秘書が「800万円受け取った」発言

細かくするともっとありそうですがこんな感じで過去記事を書かせて頂きました。

簡単に書くとどうなるかと言うと、

大臣が怪しいお金を受け取りその秘書は業者にたかりURを恫喝と言う政治家と言うよりはその道の方なのではないかと思ってしまう様な事事件が起きてそれからかなりの時間がかかり東京地検特捜部が動いたのですが・・・

さて結果はと言うと・・・まさかの不起訴です!!!

これには本当に失望してしまったのですが、

ハッキリ言って「色んな証拠VTRがTVでも流れてましたがあれはなんだったんでしょうか?」と言ってあげたいです。

そして今回の不起訴処分には密かにかどうかは解りかねますが暗躍していた元検事がいらっしゃったそうな~

その名も法務省の実務責任者である黒川弘務官房長。

どうやら「黒川さん」と呼ばれているそうです。

さてその黒川弘務官房長についてなのですが、

「黒川さん」とは、法務省の実務責任者である黒川弘務官房長のことだ。東大法学部卒で、1983年に検事任官。東京や新潟、青森などの地検勤務を経て、法務省の秘書課、刑事局などを渡り歩き、省内では「次期事務次官候補」(事情通)といわれる人物だ。

「改正刑訴法は昨年の国会で継続審議となり、今国会でも法案成立が危ぶまれていました。ところが、甘利問題が浮上すると、あれよあれよという間に審議が進み、法案は成立。この法務・検察の“焼け太り”法案の成立に関わったのが黒川官房長と囁かれています」(司法記者)

「今回の不起訴処分は許し難い。法務・検察は自民党のご用聞き集団に成り下がったと言っていいでしょう。そもそも、まだ捜査できる時間が十分あるのに、なぜ、結論を急いだのかが分かりません。(黒川氏の黒幕説については)詳しいことは分からないが法務官僚は知っているはず。交渉術に長けた人だったと記憶しています」

出典:甘利前大臣を不起訴にした“黒幕” 法務省幹部の名前と前歴

 - 日本情勢