陰謀論.com

身の回りから世界まで気になった事からライトに発信

【狙いは?】文化庁が京都移転が決定!

      2016/07/07

さて今年から急に国民がニュース等で目にする事になっている各省庁の移転なのですが、

表向きは「首都機能が一箇所に集まっていると大災害時に機能しない」なんて言ういつものていの良い言葉を並べて納得させる戦法なんでしょうが、

きっと他の何か狙いがあるかと思います。

東京から西に行く・・・

これで最近気になる話題があるのですが、

ジョン・タイターの予言は既に着々と実現しています。「蝦夷共和国」はユダヤ人を北海道に移住させる「河豚計画」の一環として誕生する予定です。

これはこのブログでも度々ご紹介させて頂いているRAPT氏のブログなのですが、

読んで頂くとお解かり頂けるとは思うのですが、

ジョン・タイターと言うみたいからやってきた謎の人物の予言によると2020年以降日本は、

・蝦夷共和国

・政府管理区域

・新大和皇国

の3つになるそうです。

そして首都を岡山(リンク先の写真では岡京)に置く計画があるそうなのですが、

もしかしたらこれに関係しているのかも知れませんね。

ちなみにジョン・タイターとは、

ジョン・タイター: John Titor) は、2000年インターネット上に現れた、2036年からやってきたタイムトラベラーを自称する男性である。自分を1998年生まれだとした。

出典:ジョン・タイター

その中でタイムトラベルやタイムマシン等の表記があるのですが、

何と日本でゲームやアニメにもなっているそうです・・・

その名も「シュタインズゲート」

http://steinsgate.tv/index.html

もしかしたら何らかの関係があるかも知れませんよ~

さて移転に話しえを戻すとアイキャッチの写真にもある通りなのですが、

まだ決定はされてないのですが予定されている省庁の移転はほとんど西が候補に挙がっているんですがこれはもしかしたら先ほどのRAPT氏のブログの内容と符号するんじゃないかと

思っている訳です。

ちなみにメディアはどう報じているかと言うと、

 政府は二十二日、国機関の地方移転に関する基本方針を決定した。中央省庁では文化庁は国会対応などの機能確保を前提に、京都府へ数年以内に「全面的に移転する」と明記。徳島県が要望する消費者庁と、和歌山県が求めた総務省統計局は八月末までに移転の可否を判断するとし、観光、特許など四庁は移転を見送った。

 省庁で移転の方向性を示すことができたのは文化庁だけで、東京一極集中の是正を打ち出した政府の本気度が疑われる結果となった。

 省庁以外では、国や独立行政法人の二十二の研究機関・研修施設を「移転」対象に選んだ。ただ、実際に組織全体を移すのは大阪府が要望した国立健康・栄養研究所だけで、残りは「機能を一部移転する」として、地元大学との共同研究や現地研修の実施といった対応が大半を占めた。

省庁以外も移転対象に選んでいるんですね~

北には来ない感じがあるのですがさてこれから注目ですね!

 

 - 日本情勢