身近な話題.COM

身の回りから世界まで気になった事からライトに発信

【残念】今任官拒否が倍増しているそうです。

   

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

さてすっかり春になって卒業シーズンと言うかきっともう過ぎてしまった感じがしますが、

とある大学で取り上げられておりました。

その大学は「防衛大学校」なのですが皆さんなじみはありますか?

HP:http://www.mod.go.jp/nda/

防衛大学校は、将来、陸・海・空 各自衛隊の幹部自衛官となる者を教育訓練する、防衛省の施設等機関と言う事でもう読んで字の如くでした。

この防衛大学の卒業生には、

中谷元森本敏村井 智建等が名を連ねているそうです。

先ほどご紹介したのですが、この大学を卒業するともれなく幹部自衛官になれると言う事で、

まあ良くドラマに出てくるエリート的な事になるのではないかと思うのですが、

その道を拒否する任官拒否をした方が増えているそうです~

勿論本人の意思だと思うのでそれについてどうこう言うつもりはないのですが、

このニュースからやはり昨年9月の強行採決から防衛装備省の設立とあまり良くない流れになっていて養成レベルでその危機感が広まりつつあると言う事では無いかとの勝手な予想で、

個人的には歓迎されるべきだと思いますよ^^

なぜならこれは警察にも政治家にも言える事だと思いますが、

入りたての時は熱意があったはずなのに気が付いたら完全に思考停止状態になってしまっていて、

沖縄では無抵抗の市民に暴力を振るっていますよね?陸でも海でも。

ここが縦社会が全く意味がないと言う側面なのですが、

「先輩が絶対!」は「ダメ、絶対!」なんです。

これが早く日本に浸透して自分で判断するもしくは出来る方が増える事を祈るばかりなのですが、

先輩はその上の先輩を基本的になぞるだけなので100%正解を導いてくれる訳ではないからです。

後大体自分の体験からの意見からしか出てこない傾向にあるのである程度予想出来ると思いますよ^^

そんな意見参考になるのでしょうか?

それが時には命令になり、最初は理不尽だと思っていても次第に慣れて行きその内なんとも思わなくなってしまっうと言う負のサイクルが待ってます。

これはサラリーマンにも言える事なので思い当たる節がある方がいらっしゃるかも知れませんね。

とは言えこの任官拒否の背景にはこのような意見が、

 軍事ジャーナリストの神浦元彰氏はこう言う。

「海上保安学校の卒業式(19日)に現職総理として初めて安倍首相が出席したのを見て、防大生の任官拒否が想定以上に膨らみ、話題作りの顔出しだろうとピンときました。安保法制による海外派遣で死者が出ようものなら、任官拒否の流れは止められません。そもそも、最近の防大生の多くは本命に落ちて第2、第3志望で入るケースが少なくないんです。学費がかからないし、給料も出るしで、経済的に優しいですからね。災害派遣や国際貢献に憧れはあっても、紛争地などでの活動は頭にありません」

出典:防衛大「任官拒否」が倍増…安保法で“自衛隊離れ”急加速

最近の流れから紛争地域での活動のリスクが高まってのこの任官拒否であればそれはそれで評価されるべきではあるとは思うのですが、

気になるのはその後何らかのデメリットがないか心配ですね。

今の政府ならやりかねないですよね~

もうマイナンバーで個人情報なんて見放題だと思いますから・・・

 

 

 - 日本情勢