身近な話題.COM

身の回りから世界まで気になった事からライトに発信

【投票に行く前に!】今回の争点!自民党憲法改憲草案のまずい所。21条・97条編

   

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

とうとう明日が2016年参議院選挙の投票日なのですが、

細かい事は一旦置いておいて、

今回の最大の争点は「日本国憲法改正」です!

そう言う事かと言うと今衆議院で圧倒的多数を占める与党のブレーン・現職閣僚の中には、

極右と言われている日本会議と関わりがある方が多くいる事はご存知だと思うのですが、

じゃあこの何が悪いのか?今回改憲派と言われる達は何十年も前からずっと明治憲法に戻そう!

「アメリカが作った仮の姿の憲法から脱却し、

日本人が憲法を作らないければいけない!!」

と言う対米従属からの脱却を訴えているのですが、

その点は勿論賛成なのですが、皆さん自民党憲法改正草案もう読みましたか?

 

勿論全てじゃなくて大丈夫なんですよ^^

これ結構重要なのですが、

良くあるのですが、今回記事にするのは自民党憲法改正草案のまず点の一部をご紹介しますが、

一つの物事を全て把握しないと物事を言ってはいけない空気はおかしいと思ってます。

このブログをご覧の方はもう知っていると思うのですが、

結構稚拙な面もあります^^

「この事を言うのにこんな事を知らないのか!」と言う事を思っている方もきっと、

ここ最近アクセス数が凄いので思っている方もいらっしゃると思いますが、

その内知識が増えていくと思います^^

一つ言わせて頂くと「全てを網羅したらもう年金貰っている年になってしまいますからね」って言いたいです。

こう言う事もブログを通して伝われば良いかなと思ってます!

 

このブログでも結構な頻度で自民党憲法改正案は「ダメ、ゼッタイ!」ぐらいに書いてきたのですが、

今回は実際にどこがポイントなのか解りやすい所をご紹介させて頂ければと思います。

 

まずは基本的人権なのですが、

第97条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、 これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである

 

とされていて犯す事の出来ない永久の権利と書いてあるのですが、自民党憲法改正草案は・・・

 

何と全て削除されてます!!!

この意味解りますか?無いんですよ?

人としては認めますが「あなた(個人名)」とは認めませんよと言う意味です。

これはこのまま憲法を改正されると今まで主張できた人権を訴えたとしても無視される事を意味します。

ではデメリットは何か?

「職務質問が任意じゃなくなります。」

もしこれをずっと任意だと思って拒否するとどうなるか・・・連行されるそうです・・・

きっとこんな事は憲法改正されてたら何も伝えず気が付いた人しか対応出来なくて連行者続出みたいな状態が起こると思います。

 

ついでにもう一つこれもかなり重要です!!

 

第二十一条
集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、
これを保障する。

〔新設〕


検閲は、これをしてはならない。
通信の秘密は、これを侵してはならない。

となっていて、

「~の会」、「~本の出版」どうぞお好きに運営・出版してください憲法が保障しますから。

この流れから予想は尽きそうだと思うのですが、

第二十一条
集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、
保障する。


前項の規定にかかわらず、
公益及び公の秩序を害することを目的とした活動を行い、
並びにそれを目的として結社をすることは、認められない。


検閲は、してはならない。
通信の秘密は、侵してはならない。

出典:【自民党憲法改正草案】見やすい対照表で現憲法との違いが分かる!

そもそも憲法で通信の秘密を侵してはならないと明記しているのに、

少し前に改正された刑事訴訟法の改正は憲法違反な気がするのですが気のでしょうか?

第3者の立会いが無くても簡単に盗聴出来てしまうんですよ・・・

SNS勝手に入られるんですよ・・・

そして新たに追加された部分なのですが・・・

公益の及び公の秩序を害する~とありますが、

これ誰が決めるんですかね?

まさか緊急事態条項とセットになっていてその時の総理大臣が決めます・・・

こういう想像のあながち間違いではない気がします。

 

もし憲法が改正されて去年の夏の様な人数で国会前でデモが起こったら、

一番人が集まった時には10万人だったそうですが、

10万人がもれなく憲法違反をしたとみなされ全員連行ですよ。

 

そして今かなり熱を帯びている三宅洋平の選挙フェスも開催した瞬間に大勢の警察官が動員されて、

会場にいた方は「公益及び公の秩序を害する」

と判断されてこれまた全員連行・・・十分にありえると思います。

 

もっと簡単に言うと今まで謳歌していた自由が無くなります。

服装だって規正されて指定された物しか着てはいけないなんて言う事にもなるかも知れません。

そんなの我慢できますか?

私は到底我慢出来ませんしこれ以外にもまだまだあるので、

公職選挙法でこの候補に入れようと呼びかけれる機嫌が迫ってきたので、

これからは自民党憲法改正草案のこれはまずい所特集をして行こうと思います。

まずは1回見てみて欲しいです。

 - 日本情勢