陰謀論.com

身の回りから世界まで気になった事からライトに発信

【悪魔の競演!】ダライ・ラマとレディー・ガガの悪魔の競演(対談)が実現したそうです~

      2016/07/04

さて今回ばかりはやばいらしい!でお馴染みの

2016年参議院選挙の中盤戦ここが一番大事なのですが!

そんな中かなり凄い対談が行われたそうです!!

ちなみに今回参考にしたのはCNNのこの記事、

北京(CNN) 米人気歌手のレディー・ガガさんがこのほど、

チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世との写真をインターネットの画像共有サービス「インスタグラム」に投稿した。

これを見た中国のファンらが強い反発を示している。

ガガさんとダライ・ラマ14世は26日、米国内で開かれた会合に出席し、思いやりの大切さについて意見を交わした。

出典:レディー・ガガ、ダライ・ラマと対談 中国のファンは猛反発

と言う事で私はまず一番最初に悪魔の競演だ!と思ってしまいました。

後これも付け加えておきますが、

中国のファンの方をdisっている訳ではございません。

これはRAPTブログを初めその他悪魔崇拝に関係するものをご覧になった方は、

結構簡単に「あっ!悪魔が競演している^^」って気が付く報道です。

ちなみに悪魔崇拝と言えば頂点は天皇みたいですよ~

ルシファーと交信出来るのは天皇だけだとか・・・

と言う事で今回は参考URLを載せます。

04 3月 〈閲覧注意〉チベットは悪魔崇拝の聖地です。

と言う事で何故ダライラマとレディ・ガガが悪魔なのかと言うのを今回は写真付きでお伝え出来れば良いかと思います。

まずはレディ・ガガからなのですが、

結構解りやすいですよ^^

o0495036412158715475

出典:悪魔に魂を売ったレディ・ガガの背後にある存在

・666→獣の印

・ハンドサイン→プロビデンスの目

続けて

mig

出典:きゃりーぱみゅぱみゅ& レデイガガはイルミナティ悪魔崇拝仲間

・謎の角→悪魔の角

とまあこんな感じです。

直感的に気持ち悪いって個人的に申し訳ないですが思ってしまいます。

そして「そんな訳が無い!」と言われそうなダライラマなのですが、

そもそもあんな高僧が悪魔だなんて・・・って思われてしまうと思うのは当然、

理由はダライ・ラマ14世が属するチベット仏教の「ゲルク派」

そしてゲルク派と言えば経典は「秘密集会タントラ」と言うそうです。

ちなみにそれを調べてみると凄い事が書いてあります。

  • 五欲徳」(色・声・香・味・触)
  • 五肉」(人肉・牛肉・犬肉・象肉・馬肉)
  • 五甘露」(糞・尿・精液・経血・肉体)
  • 大印」(女性パートナー)

こういった従来の顕教、あるいは世俗の社会倫理では忌避されてきたものを、真理の反映の過程として取り上げ、三昧の上においてはむしろ徹底的に享受・摂取することが、(その優越性・究極性を強調されつつ、)全面的に象徴化がなされ、それを肯定し推奨されて、現実の如く具体的に観想することが必要とされる。

ちなみに、「大印」(女性パートナー)は、言うまでもなく、「愛欲」(性理的瑜伽、二根交会)の象徴として文中に現れるが、その尊様の指定は、

  • 十二歳の乙女(第七分、第十五分)
  • 十六歳の乙女(第四分、第七分、第十六分)
  • 二十五歳の乙女(第八分)

といった具合にバラつきがある。

これらの言葉・概念と、

  • 貪瞋痴
  • 身語心
  • 真言
  • 五仏・明妃・五部族・忿怒尊
  • 曼荼羅
  • 三摩地・悉地
  • 自性清浄・虚・不生・無我・平等性・無分別(離分別)

といった言葉・概念などが関連付けられつつ、観想法(成就法)・儀則が述べられていく。

出典:秘密集会タントラ

あくまで一部ですが、

ハッキリ言って解説したくない程気持ちが悪いですがこんなのが素晴らしいと・・・

一番上から書いた4つを徹底的に享受するって・・・

人肉とか糞とかを享受するって・・・

大印とかオブラートに包んでますが、

要は女性とやりまくるって事でしょ?

しかも年齢制限つきで・・・

果たしてこの2人が崇高に見えるでしょうか??

確か去年ダライラマは北海道に来ていたそうなんですが、

誰かこのタントラについて質問しなかったんでしょうかね?

そして「それは悪魔崇拝ではないんですか?」なんて質問した勇者は居ないんでしょうかね?

まあその後もしかしたら誰かにストーキングされている可能性があるかもしれないのでまあ誰もやらないと思いますが、

そんな機会があったら謎の下から目線とかではなくこれ本当に存在するのかどうなのか?

と言う事について聞いてみたいと思います。

 

後悪魔崇拝に関してなのですが、

今回はたまたまレディー・ガガだったのですが、

日本のアーティストを含めた多くのアーティスト特に知名度が高ければ高いほど、

彼らの計画の為に登場したと言っても過言ではないと思います。

私は小さい頃から洋楽のPVを見て何か不気味な感じを受け正直聞く気になれなくて、

その時は「まあ芸術が私には全く理解出来ない」と思っていただけだったのですが、

今になって何の因果か悪魔崇拝に辿り着き世の中にこう言う事を広めて、

洗脳しようとしている方達がいると言う事を知る事を先に知れて、

彼らの術中にはまらなくて良かったと思っています。

まあ一つ懺悔するならディズニーランドは何回か行っちゃいました・・・

気をつけます^^

 - 世界情勢, 悪魔崇拝, 陰謀論 , ,