身近な話題.COM

身の回りから世界まで気になった事からライトに発信

【影響はあるのか?】オーストリアで「ベイルイン」とは?

   

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

皆さん「ベイルイン」って聞いた事がありますか?

私は今回始めて目にしたのですが、

今年は選挙、選挙、選挙・・・と選挙一色になりそうなのですが、

まだまだ見ていかないといけない事は実は山積みなんです!!

私も今まで全く興味が無かった事がこれからもきっとたくさん出てくるのですがある人に言わせると、

「いやいや前にあった事が関係しているんですが・・・」と言われる事もありまだまだ日々勉強しないとと思っている今日この頃です。

と言う事でこのオーストリアで起こった「ベイルイン」と言う謎の単語なのですが果たしてどんな影響があるのでしょうか?

ズバリ「お金」に関係する出来事でした~

以前銀行の取り付け騒ぎがありその内アメリカにもその影響が起こり・・・

と言う記事を書いた気がするのですが、

それは起こらなかったみたいですね。

まあ何事も起こらないなら良いんですが、

今年からは色々世界の事が解りそうでちょっとワクワクしております。

最近では記事にしましたが「パナマ文書」なんて言うものも出てきましたし^^

ハッキリ言って学校で勉強している「歴史とかってなんなの?嘘でしょ?」って思ってしまうぐらいの事が起こるかも知れませんね!

ちなみに私は学校の歴史はどれだけ無駄だったかを痛感しております。

と言う事で今回はベイルインについての記事なのですが、

4月10日、正午、ヨーロッパの銀行の破たんが始まったようです。オーストリアでは破たん銀行に対するベイルインを行いました。これにより、破たん銀行の預金者口座から預金が引き出され銀行の救済に使われることになりました。この動きはヨーロッパでの金融崩壊の始まりを示しています。
ヨーロッパの人々は突然、預金者のお金が銀行救済に使われることになりパニック状態となり、銀行から預金を引き出し始めています。これこそが金融危機の始まりです。

1年前に、コクチョウがヨーロッパのど真ん中に降り立ちました。 オーストリアでは破たんした銀行(Hypo Alpe Adria銀行)のバッドバンク(資産管理会社=Heta Asset Resolution AG)が、中央、東ヨーロッパの経済悪化でバランスシートに85億ドルのキャピタルホールが発生したことでGoodからBadになってしまったため、債権者は不本意のベイルインを強いられることになりました。

オーストリア政府は多額の不良債権により破たん寸前だった前Hypo Alpe Adria銀行を6年前に国営化しましたが、昨年3月に支援を打ち切ったため資産管理会社が引き継ぐことになりました。
今回のオーストリアでのベイルインはヨーロッパで始めてのケースであり、今後、ギリシャやポルトガルで臨時のバランスシートの再構築が始まるでしょう。
出典:オーストリアの銀行が初めてベイルインを受けます。
重要な所を抜粋しますと、
「破たん銀行の預金者口座から預金が引き出され銀行の救済に使われることになりました。」
要は銀行が破綻したら預金は銀行を救済する為に使われるので預金者の預金無くなるかもしれませんね。
と言う事です。
これ意味解りませんよね?
この余波はどれくらいのものか気になりますね~

 - 世界情勢