身近な話題.COM

身の回りから世界まで気になった事からライトに発信

【実は今の数値は嘘!?】今の血圧は本当に正常な数値なのでしょうか?そもそも数値がいるのかと言う話も・・・

   

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

さて久々に医療ネタを書こうと思うのですが、

ここで問題です!

皆さんが行く健康診断の数値って、

・信憑性があるもの。

・信憑性が無くむしろ誰もそっち興味なんて無いから知らない内に改悪されている。

さてどちらだと思いますか?

さすがにこのブログで上の方の答えは決してないのですが勿論正解は下だと言われております。

と言うのもこう言う健康診断もそうなのですが、

あたかも自分より高学歴=なんにでも精通している感満載のイメージが日本に蔓延しているのですが、

実際そんな事は無いですから^^

と言うのも病院は患者さんがいないと勿論潰れます。

と言う事は普通の会社となんら変わりは無いですよね?

もうこれが答えみたいなものなのですが、

じゃあ健康診断は何の為に行くの?って話なのですが、

各種病気の早期発見と言う事を名目に患者の囲い込みを行っているのではないかと思います。

勿論「けしからん!そんな事は絶対に無い学歴もないくせに!!」と言うお叱りもごもっともなのですが、

実際ヘルニアの時整形外科は無力でしたからね。

個人的な感想としては、

「エビデンスがどうのこうのなんて全く関係なくて最終的に完治するのかどうかが重要!後それに関するリスクの説明もかなり重要!!」

私の場合は所詮ヘルニアなのでリスクの説明は一切無しでした・・・

むしろ経過観察で通院していた時は診察よりも待ち時間の方が長いという奇跡が^^

医療に関してはまだまだあるのでその内記事にします。

と言う事で原因の早期発見と言うなの囲い込みそこに働く権威主義・医者と言う職業のイメージが良からぬ方向に持って行っている事は間違いないと思います。

そして今の血圧の数値は上記の為に嘘の数値になっていてより病院のお世話になるように改悪されていると言う事です。

血圧の基準はかつて「年齢+90」だったものが、あるときに「年齢に関係なく160」になり、それが徐々に下げられて、2014年の夏まで130、至適なのは120と異常に低い値になった。そして「血圧は低いほどよい。個人差、年齢差はない」という。完全に非科学的な概念が長い間、血圧という健康の指標でもっとも大切なものに幅をきかせていた。

もともと20歳の健康な人でも、血圧が100ぐらいから140程度まで幅がある。100の人が正常で、140の人が高血圧病ということはなく、それは「個性」だ。背の高さが160センチの人もいれば180センチの人もいるようなもので、全員が同じ背の高さ、同じ血圧でないと「健康ではない」ということではない。

また年齢が高くなると血圧が上がるが、これは「血管壁が硬くなる」からだ。若い頃は、血管の流れは柔軟でもっとも血液を送るのに都合が良いようになっているけれど、年齢を重ねると血管壁が硬くなり、血液の流れがスムースでは無くなる。

いっぽう、血流は命の源だから、心臓は少し無理をして血液を送る。それも無理矢理ではなく、「やや血圧を上げよう。あまりあげると血管が破裂するし、あまり血圧を下げると血が行き渡らないから、このぐらいにしておこう」と考えて、(自動的に調整して)血圧を心臓が決めている

つまり、心臓はよくよく考え、自分の体をベストな状態に保つために努力している。それは体温でもコレステロールの量でも、痛風の引き金になる尿酸値でも、すべて「体が適正にコントロールしている」のだ。

出典:高血圧の基準はウソだった。混乱を極める「健康の正常値

結局の所は食事と適度な運動が健康を左右するのではないかと思うのですよ。

 

 - 医療, 日本情勢 ,