身近な話題.COM

身の回りから世界まで気になった事からライトに発信

【大苦戦中?】今公明党がかなり苦戦中だそうです。

   

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

さてこれは朗報なのかそれとも、

護憲派を予断させるためのブラフなのか?

なんか発売前の新しいiPhoneの情報みたいですね^^

もしこれが本当だったら、と思うのですが他の記事を見ると、

与党は今かなり余裕があると言う本当に怖い情報を発信している所もあるので、

こればっかりは納豆の日にならないと解らないですね・・・

※ちなみに納豆の日とは企業が命名したのではなく選挙フェスで山本太郎が命名したと言われております。

と言う事で、選挙ネタはドンドン三宅洋平の選挙フェスへ関連付けて行きたいと思います!!

なぜなら、

「今回ばかりはやばいらしいからです!!」

今回苦戦していると言われている公明党は皆さん果たして、

・改憲派?

・護憲派?

どちらでしょうか?

こんな質問は簡単過ぎますよね?

正解は改憲派でした~

と言う事で今回は残念な結果になって欲しいと日々祈っているのですが、

多分苦戦している理由の一つにはこういう動きもあると思うのですが、

覚えていらっしゃいますでしょうか?

かなり有名人になったと思いますが、天野達志さんの公明党への安保法への抗議の署名提出が話題になったと思うのですが、

この動画では場合によっては落選運動に転ずると言う事も仰って頂いているのでもしかしたら学会員の落選運動の賜物なのかも知れません。

支持者を裏切った結果か。公明党が真っ青になっている。参院選で予想外の苦戦をしているからだ。

今回、公明党は選挙区に過去最多の7人を擁立し、比例は前回と同じ7議席を目標にしている。ところが、選挙区で「当確」はまだ5人、比例は前回を下回りそうだという。

これまで公明党は、どんな選挙でも「全勝」するのが当たり前。地方選挙でさえ、全勝できないと責任問題になってきた。

「公明党は定数が増えた選挙区に次々に候補者を擁立しています。愛知は9年ぶり、兵庫と福岡は24年ぶりに立てた。

パワーが分散されたためか、埼玉と兵庫は大苦戦している。

埼玉は最後の1議席を共産党と争い、兵庫は民進党と競り合っている。

焦った公明党は、安倍首相に泣きつき、埼玉と兵庫の公明党候補の応援演説をしてもらっています。

もし、2つの選挙区を落としたら、山口那津男代表の責任問題になるでしょう」(公明党事情通)

出典:公明党まさかの大苦戦 比例区に手回らず支持者離れも深刻

全勝が当たり前だったそうですが残念ながら今回はこのまま気が付いたら、

「当確」が一つでも減れば良いですね。

 

 - 日本情勢, 選挙 ,