身近な話題.COM

身の回りから世界まで気になった事からライトに発信

【名解説!】多分これだけ知っておけばいろいろ見えてくるかも知れない「特別会計」

   

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

TVや雑誌で政府予算の事になると良く目にするのではないかと思うのですが、

~会計と言う文字なのですが、

・一般会計

・特別会計

大体この2つからなると思うのですが、さてこの中で疑惑の会計があるのは皆さんご存知でしょうか?

ちなみにこう言う事は難しい~><と言う感じになる方が多いと思うのですが、

そしてこう言う事を知ろうとすると又は発信すると良く邪魔にあいませんか?

簡単に言うと例えばこう言う事ってあるんですね~的な内容でSNSで投稿すると、

物凄い勢いで飛んできて「じゃあこういう時は?」的な内容でしかも長文であからさまに普通の人には答えられないような内容の投稿をする方がいらっしゃるそうなのですが、

きっとその方世に言う「工作員」の方ではないでしょうか?

今インターネットセキュリティー会社と名乗っているところが実は・・・アルバイト工作員を雇っているなんて普通見たいですし^^

何が言いたいかと言うと工作員が登場すると言う事はきっとそれ良い線行っていてこれ以上先には進んで欲しくないから邪魔が入るんだと思います。

多分邪魔が入る理由もそんな所だと思います。

きっとわざと難しくしているんだと私は勝手に思っております^^

ちなみにあるブロガーの方がある事に触れた為にサーバーを移動しないといけない事態にまで発展したそうなので邪魔をされると言う事はもしかしたらその中に正解が混ざっているのかも知れませんね^^

と言う事で今回は1から言語を理解しようとするとかなりの時間がかかると思いますが、これを見ると多分あっさり解決してしまうのでは?と言う特別会計についての記事を見つけたので、

それをご紹介させて頂きます。

このカラクリが理解出来ると予算ってちゃんと決められているんだろうか~と疑惑が浮上してしまいますよ^^

まあきっと自分達が良いように使える金額もきっとコミコミなんでしょうね。

「特別会計」

 予算には、「一般会計」がある。
これは、新聞やテレビでもおなじみで、その額は、80兆円ほどだ。
しかし、予算はこれだけではない・・・・
むしろ、「一般会計」は、仮面である。トンネルである。詭弁である。エリート官僚の、とてつもなく頭がいいけど、お腹は真っ黒な人たちが考え出した、予算を通す、トンネルの一つである。このトンネルを、「一般会計」から「特別会計」への「繰り入れ」という。
日本の、本当の、予算額は「260兆円」余りある。なお、この数字が、重複分を除いた、純計金額である。
すなわち、日本の予算の構成は―、
1、「一般会計」(80兆円くらい)
2、「特別会計」(170兆円くらい)
3、「財政投融資」(45兆円くらい)
「財投」は、さらに、重複部分が複雑なので、このさい切捨て。「一般会計」と「特別会計」=(260兆円)余りとなる。
―「特別会計」の主な財源―
・健康保険、国民年金保険料、労災保険、雇用保険
・ガソリン税(揮発油税)、石油税、地方道路税、などの九種類の税金
それでは、「特別会計」とは何なのか?
特別会計とくべつかいけいとは、国または地方公共団体の官庁会計において、一般会計とは別に設けられる、独立した経理管理が行なわれる会計のことをいう」・・・すなわち、「一般会計」とは違い、ボクラの知らない、別の予算があるということだ。もっと詳しく言えば、合計38もの特別会計があり、これら全部をひっくるめると、なんと330兆円という支出規模になるのだ。(なお、330兆円は重複分を差し引かない、単純合計である)
繰り入れとは、この「一般会計」が、「特別会計」に、流入していることをいう。この繰入額が、50兆円ほど。要は、国民の知らないところで、使われていたことになる。なぜなら、特別会計は、事実上、憲法83条「国の財政を処理する権限は、国会の議決に基づいて、これを行使しなければならない」に違反し、国会の審議もないまま、素通りさせられてきたのである。「一般会計」からの繰り入れが、2000年度で、50兆円あまり・・・・・・・
「一般会計」から繰り入れられたお金の行き着く先は、石井こうき氏の言葉を引用すれば―、
いったん特会(特別会計)のトンネルをくぐった公共事業費、社会保障費などは、大部分が補助金の形で地方公共団体や特殊法人、公益法人などを通して業者へと流れていく。それらの経路はすべて政治家とつながっており・・・
というのが、なぜ、「一般会計」から「特別会計」へと、わざわざ、複雑怪奇にして、50兆円余りも、繰り入れなくはいけないのか?―ということに対する、解答である。
さらに、特別会計の予算編成は、各省庁の自由裁量で行われているから、繰り入れ額50兆円のほかに、国民への説明責任も果たさないまま国会の審議もないまま、170兆円まるまる、使われていたことになる・・・これでは、普通のメガネじゃ見抜ける分けがない。

出典:三分で!裏まで分かる『日本の政治』 作者:怒満坊

いかがでしたでしょうか?

要は国民の見えない所で使われているお金がかなりあってそれを上手い事やってパッと見解らない様にしている事です。

でもこれを見ると特別会計見直した方が良いのでは?と言う事になるかも知れませんね~

 - 日本情勢