陰謀論.com

身の回りから世界まで気になった事からライトに発信

【冷静になってみよう♪】三宅洋平と陰謀論と、山本太郎の陰謀論

   

当ブログでも取り上げまくった末に、残念ながら落選をしてしまった

先日の参議院議員選挙の候補者であった、三宅洋平氏。

(特に、この辺の記事がよく読まれていました。ありがとうございます)

「山本太郎を一人にしない」という分かりやすい山本票狙いな行動ながら

選挙フェスと銘打った独自の選挙戦略や、当の山本太郎氏からの絶大な

協力もあって、文字通り二人三脚で進めた選挙戦であった。

彼については、SNSを中心としたネット民からの熱狂的な支持を中心に

既成政党や既存の枠組みに疑問を持ち、不満を募らせていた東京の主に

若者を取り込んでいったものと考えられている。

山本太郎支持者も多く含まれていたと思われるが、山本太郎を支持する

メロリンQ世代ど真ん中の東京のオバチャン層を取り込めいていたのかは

怪しいものがあると思っており、彼の風体から、支持者の中心は若者が

成していたであろうことが容易に想像が出来るわけである。

非常に残念なことに落選はしてしまったものの、自民党が担ぐ知名度優先の

芸能・スポーツ枠候補に比べたら、三宅洋平氏はいくらミュージシャンだと

言われても、コアな特定ジャンルの音楽ファンしか、選挙前の三宅洋平氏を

知らなかったのではないだろうか?

ミュージシャンではあるけれども、知名度を武器にした候補者ではなかった。

三宅洋平氏が、若者の疑問や不満に切り込む大きな手段の1つとなり、

結果的には支持が広がらず、落選の原因の1つとも取りざたされているのが

何を言おう「陰謀論」について、である。

三宅洋平氏について、彼の選挙フェスを連日・連夜、熱く追い掛けて来た、

当ブログとしても、彼の「陰謀論」への言及があっったればこそ、当然に

注目をしたし、三宅洋平氏の「陰謀論的な公約」にも期待に胸を熱くし

まだ見ぬ日本銀行の株主(正確には出資者)の名前を繰り返し夢想しては、

寝苦しい夜がまったく眠れない夜に変わることも連日であった。

彼が陰謀論的な切り口をまことしやかに語れば語るほど、渋谷に集まる

既成政党や既成の枠組み、現在の既得権や経済の仕組みに不満を持つ、

(大抵は若者ということになるのだが)ネットで陰謀論的な知識を得た、

自称:意識高い組(恥ずかしながら、当ブログも、であるw)が自らの

不満の源泉でもある「彼ら(陰謀論的な悪の本体の呼称)」に切り込んでいく

三宅洋平氏に期待を掛けて行ったわけである。

三宅洋平氏なら、既存の利権や経済の特権の構造を暴き、今まで搾取を

され続けた我々日本人を、欧米や日本の一部の「彼ら」から、ついに

解放してくれるのではないか?

選挙フェスに集まり酔いしれた若者たちの多くの気持ちであったろう。

三宅洋平氏の陰謀論への傾倒は、ここ最近のものではなく、「3.11」の

アメリカ同時多発テロ以降に加速したと、本人が認めている。

選挙期間中、三宅洋平氏の陰謀論への言及について、かなり多くの批判が

集まったこと、また、実際にそれが故に、支持が伸びなかったということは

起こったのだろうと推察されるのだが、SNS上でやり取りされているような

浅はかな知識ではなく、三宅洋平氏は、バリバリの陰謀論者であることを

当ブログでは付け加えておきたい。

落選後も、陰謀論を語る支援者が多かったためか、「不正選挙による落選」

という意味のことがSNS上に多くアップされており、現在も一部については

収束していないと思われるほどに、三宅洋平氏は陰謀論に詳しいし、

三宅洋平氏の周りも陰謀論に詳しいひと、傾倒している人が多いと思われる。

その、陰謀論者、三宅洋平氏である。

三宅洋平氏の選挙期間中を通じての最大の支持者は誰だったか?

冒頭にも述べた通りの、山本太郎氏である。

国政政党「生活の党と山本太郎と仲間たち」の共同代表であり、今回の

参議院議員選挙から遡ること3年前に、同じく東京選挙区の参議院議員として

国政の舞台に駆け上がっていった、元俳優、そして、元コメディアンw

「山本太郎を一人にしない」という三宅洋平氏の呼びかけに応じて、

というか最初からストーリーは練っていたものと思われるが、山本太郎氏は

三宅洋平氏の選挙に全力で協力をしていた。選挙フェスという街頭演説にも

連日に渡って登場し、日本の貧困状況、多くの日本人が「彼ら」から搾取を

続けられている現状を訴え、変革者としての三宅洋平氏の支持を訴えた。

渋谷などの選挙フェス会場や、Youtubeにアップされる連日の選挙フェスを見て

もしかしたら、当ブログと同じような、違和感を感じている読者もいたのでは

なかろうか??

山本太郎氏が、ほぼ連日、声高に叫んでいた自身の3年前の参議院議員選挙の話

どんな話をしていたか、皆様は覚えいているだろうか??

「2013年に東京の皆様の、66万6千票を受けて国会に行った・・・」

ん???何か、気になりませんでしたか???

66万6千票の・・・」って仰ってますよね?ダメなわけじゃないんですけど

敢えての千票単位、、四捨五入して67万票とか、切り捨てて66万票で良い気が

するのは、当ブログだけでしょうか??

なぜに、「66万6千票」という半端な単位で、ほぼ毎日連呼していたのか

「6・6・6」・・・陰謀論好きな読者の皆様なら、もうお気づきと思います。

「悪魔の数字」「獣の数字」と呼ばれるものである。

その答えは、新約聖書のヨハネの黙示録にある

また、小さな者にも大きな者にも、富める者にも貧しい者にも、自由な身分の

者にも奴隷にも、すべての者にその右手か額に刻印を押させた。そこで、この

刻印のある者でなければ、物を買うことも、売ることもできないようになった。

この刻印とはあの獣の名、あるいはその名の数字である。ここに知恵が必要である。

賢い人は、獣の数字にどのような意味があるかを考えるがよい。数字は人間を

指している。そして、数字は六百六十六である。」

(新共同訳聖書 ヨハネの黙示録13章16-18節)Wikipediaより

聖書内でも悪魔サタンが6という数字を好んで使ったという記述があり、

666が指す人間とは、当時の社会から、ローマ皇帝ネロを指し示すという説や

ヨハネの黙示録自体が預言書であることから、後の教皇を指すという説もあり

また、見ようによっては、第二次大戦中のドイツのヒトラーの名前からも

666が見て取れるなど、世界中で様々な説がある、いわくつきの数字なのである。

近年では、映画「オーメン」に登場しており、そのイメージで憶えておられる

読者も多いのではなかろうか。

ちなみに、日本の硬貨(1円・5円・10円・50円・100円・500円)を全て足すと

なぜか666円になったり、ネット上のURLで登場する「www」についても一説あり

ヘブライ語では「w」は6を意味することから、「www」とは「666」のことを

意味しているという・・・

そしてこの悪魔の数字は、世界中の不吉な日、テロや震災などの日時をも指し示す

ことが多いのである。不吉な数字なのである。

陰謀論を少しでもかじっているならば、この悪魔の数字・獣の数字については

無知であるはずがないと、当ブログは考える。

翻って、山本太郎氏、および三宅洋平氏だ。

彼らが知らないはずはない。「666」の意味するものを、知らないはずがない。

それなのに、「66万票」でも「67万票」でも、正確な「666,684票」でもなく

敢えて、、、「66万6千票」だったのだろうか、、知らないはずは無いのに。

三宅洋平氏の落選に関して、不正選挙の疑いがあるという話にも当ブログの

スタンスとして、非常に興味があるのだが、そもそも山本太郎氏の当選自体が

悪魔に操られていたのでは?「彼ら」から別の使命を帯びて派遣されている?

などと色々と空想してしまうので、是非とも、このことについて機会があれば

コメントしていただきたいと切に願うのである。

 - 三宅洋平, 悪魔崇拝, 選挙, 陰謀論