身近な話題.COM

身の回りから世界まで気になった事からライトに発信

【全国に666あるんですか・・・】全国の農協の数って・・・そして小泉進次郎氏がタブーを公開!!

   

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

これはタイトル的に関係ないのですが明日は北海道5区補選です!!

かなり重要な一戦なので祈りましょう!!

と言う事で明日の選挙の結果が待ち遠しい今日この頃なのですが今回はある御方が業界のタブーを公開してしまったと言う事で、

選挙をにらんでいるのか?

それともただの雄運ゴールなのか?

実は99%の味方なのか?(これは絶対に無いとは思います^^)

がまだまだ世間では打倒現政権に向けて色々な動きが起きていて群馬では野党の統一候補が誕生したと言う事で、

どちらの勢力も余談を許さない状況である事は間違いないとは思います。

そして選挙情勢的にはこれからもまだまだ抑えても出て来てしまう現職の不祥事・発言等が出てくると思うので、

傷はもうかなり深いとは思いますがこれ以上傷を広げたくないと思うので早いタイミングで衆院選も行ってしまいたいのではと思うのですが、

それを踏まえても今回のタブー公開って果たして良いのか?と思ってしまいます。

と言う事で今回公表されたタブーなのですが、「農薬の価格の比較」だそうです!

ちなみに何故タブーなんですかね?

もしかして農家さん達は各農家での情報共有等が出来ないと言うかさせてもらえないのでしょうか?

もしく最初から地域格差がありその文の利益を・・・的な感じが強そうですね。

そしてこの農薬の価格の比較のデータを農家さんがもし見たらどうするんでしょうか?

こう言う事は全国一律の方が何も軋轢を生まないと思うのですが・・・

どうか一律であって欲しいものです。

 3月30日、自民党本部で開かれた農林関係の会合で、小泉氏は農水族議員の強い抵抗を押し切り、農協別の農薬価格の公表に踏み切った。農水担当記者が言う。

「正直、びっくりしましたね。農薬価格の比較はタブーでしたから。事前に値引きする農協もあれば、購入後に金額に応じて奨励金を出す農協もある。JA全中やJA全農の本音は、“詳しく知りもせずに、よけいなことをしてほしくない”というところでしょう」

小泉氏が公表したのは、青森、山形など9県21農協が販売している農薬144品目の価格を一覧にした表だ。価格差40%以上の品目では、そのパーセンテージが赤字で強調されている。「配送コストなどの違いでは説明できないほどの価格差で、本格的な調査が必要だ」と指摘した小泉氏が放った、まさに“赤い爆弾”だった。

農協にとって、農薬価格は最大ともいえるタブー。それを一気に公開したことで、進次郎氏は10年先、20年先を見越した農業改革をおこなおうとしたのだろう。

「小泉氏は全国に666ある農協すべてに、農薬価格などの調査を広げるよう指示しましたが、農水省は及び腰です。JAグループは弱ったとはいえ、自民党にとっての大票田。今夏に控える参院選や、ダブルなら衆院選にも影響しかねません」(別の農水担当記者)

出典:真っ青「安倍首相」を追い撃つ進次郎の「赤い爆弾」

そしてそのままスルーしそうだったのですが全国の農協の数って「666」なんですね・・・

関係なければ良いのですが(汗)

 

 - 日本情勢