身近な話題.COM

身の回りから世界まで気になった事からライトに発信

【体温が関係!】ガンの予防には平常時の体温がかなり重要になってくるようです~

   

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

さて久々の医療ネタなのですが、

今回はガンには平常時の体温が非常に重要になって来ると言う記事にしたいと思います。

皆さんはいつも体温を測っていらっしゃいますでしょうか?

なんだか高すぎてもダメみたいな事が強調されている気がしてなるべく36度より低いほうが良いかも~的な感じに世間のイメージではなっているのかと思います。

ちなみにそれって本当に正解なんでしょうか?

現代は確かに医療は発展してるとは思うのですが、

どういう発展の仕方をしているのでしょうか?

と言う点が疑問に残ります。

なので私個人的にも色々健康にまつわる実験をさせて頂いているのですが、

今の所約2年病院にお世話になった事がありません。

その中でもやはり塩を変えたことが一番効果があったかも知れません(※塩はきっと今回の記事とは関係ないと思います。)。

簡単なおさらいですがガンビジネスで一体年間いくらのお金が動くと思いますか?

日本は約30兆円なんて言われているのですが・・・これって何か違和感無いですか?

30兆の利益がありそれなりの設備投資をしている病院ですらやはり直らないと言う事ですし、

エビデンスどうこう言う前にそもそも抗がん剤って言う名前にした兵器だったって知ってしますか?

興味がある方は「マスタードガス」で調べてみましょう^^

と言う事で医療がダメならじゃあ自然治癒力でと言う事で、

もう実験中の身のものが言うよりは以下をご覧下さい!!

インフルエンザはガン細胞を死滅してくれるありがたい症状!

要は予防接種してもしなくても関係なく罹患したりしない人

ばかりで多くの人はワクチンを信用していない。

結局自分の自然免疫力での勝負が強いという事!

人工免疫も良いが添加されているウィルス(生物)を殺す成分が人体に毒であり逆にワクチンで免疫低下を招くという事。

…ってことで、みなさん、一緒に勉強しましょう♡
がん細胞が増殖するのは35℃台。
がん細胞が死滅するのは39℃台。
今は低体温の人が多いから、がん細胞にとったらウハウハ
なのだ。 年に1度、インフルエンザにかかって39度の高熱が出
るということは、年に1度、身体を浄化してくれるということになる。
そう考えれば有り難い症状なのである。 それなのに多くの人は、
予防接種、タミフル、リレンザ、解熱剤、抗生物質といった薬を使
い(薬は身体を冷やします)、それによって体温が下がり、せっか
く高熱が出るチャンスだったにもかかわらず、強引に下げてしま
う。

もったいない「インフルやめてがん細胞を増殖」VS「インフルかかってがん細胞死滅」どっちを選ぶ?
インフルエンザ脳症で死ぬ人だっているじゃん!!と言いたい方、その死因は、インフルエンザではなく、予防接種や薬であると米国の科学者は日本と台湾だけ脳炎になる特殊性を調査して断言しています。

出典:インフルエンザ39度で癌細胞は死滅する自然免疫効能

と言う事でまさかの薬の話まで出てきましたが、

選挙の話だけでなくこれから是非廃止になって欲しいものの一つのTPPも控えているので、

健康管理は遅いかも知れませんが今の内に知識を集めておいて損はなさそうですね^^

 

 

 

 

 - 医療