身近な話題.COM

身の回りから世界まで気になった事からライトに発信

【他に目を向けると】自由民主党東京都支部連合会の収支報告書は舛添都知事以上にメチャクチャだそうです・・・

   

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

舛添都知事の問題がまた一つ新たに浮上したみたいなのですが、舛添都知事と言えば自民党からですよね?

最近の流れから「舛添都知事を推した自民党のお金の問題は大丈夫なの?」

まあ答えは調べなくても明白かも知れません。

特に自由民主党東京都支部連合会の収支報告書はかなりひどいものになっている模様なんです・・・

こういうところにもあれだけ叩かれた舛添都知事を上からの圧力で辞任に追い込めない後ろめたさがあるのでは無いかと思います。

そしてきっとこれはTVでは放送されないことなのではないかと思っております。

ちなみに何故TVに出ないかもしれないかと言うと、

当時人工の雪が降ったなんていわれているぐらい奇妙な雪が降ったそうなのですが、

舛添都知事を応援した勢力はどこでしょうか?

この流れから自民党だと言う事はお解かり頂けるのではないかと思うのですが、

きっとあのまま今度はこちらに飛び火しないように風除けの役割も担っているのではないでしょうか?

と言う予想です。

勿論何かに対してのスピン報道の線も捨て切れないので実はかなりの大役を担っているのではないかとも思われます。

なのできっとこのまま任期満了までご本人は職務を全うすると思われます。

しかし残念ながらせっかく良い風除けが見つかったのにまさかこんな記事が出てしまうとは・・・

平謝りのドケチ知事に引導を渡せないのも納得だ。

舛添都知事の政治資金を巡る一連の公私混同問題について、都議会最大会派の自民党は強い調査権限を持つ「百条委員会」の設置に慎重ムード。それもそのはず、自民党都連(会長・石原伸晃経済再生相)の政治資金の乱脈浪費もケタ外れなのだ。下手に舛添知事を攻めると、天にツバで我が身にはね返り、舛添知事以上のデタラメを批判されると、追及の手を緩めているのは明らかである。

ムチャクチャな支出がボロボロ出てくるのは、政党交付金の受け皿となっている「自由民主党東京都支部連合会」の収支報告書だ。「会議費」名目で、都内の高級フレンチやイタリアン、高級割烹や料亭など名だたる名店の飲食代に充て、美食三昧。14年4月4日にはミシュラン3つ星に輝いたことのある人形町の高級割烹「玄冶店 濱田家」にポンと約52万円を支出。13年2月5日には老舗料亭「つきぢ田村」にナント、約98万円を支払っていた。14年までの3年間、「会議費」名目で高級店につぎ込んだ総額は3500万円を上回る。

出典:舛添知事と同罪 自民都連「会議費」3500万円で“美食三昧”

こんなに出てきてしまったら風除けの意味が・・・ないですね^^

 

 

 

 

 - 日本情勢