身近な話題.COM

身の回りから世界まで気になった事からライトに発信

【スラップ訴訟?】関西電力社長が「逆転勝訴をすれば損害賠償も考えられる」と言うまさかの発言!

   

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

さてこのニュースはネットでも賛否両論なのですが、

事の発端は「2016年3月9日、大津地裁は去年9月の福井地裁に続いて、関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)を巡り、住民側の申し立てを認め、稼働を停止する運転差し止めの仮処分決定!」

これを受けての関西電力社長の八木 誠社長のコメントが取り上げられてかなり様々なブログで取り上げらていると思います。

ちなみに稼働中の原発が停止になるのは史上初の出来事だそうです~

そしてこの「逆転勝訴をすれば損害賠償も考えられる」発言なのですが、

一番気になるのは例えば関西電力側が逆転勝訴した場合は損害賠償はどこに請求されるのか?

福井県の住民に請求されるのでしょうか?もしそうならスラップ訴訟の可能性があるのではないでしょうか?

一応スラップ訴訟とは?

威圧訴訟、恫喝訴訟。訴訟の形態の一つ。大企業や政府などの優越者が、公の場での発言や政府自治体などの対応を求めて行動を起こした権力を持たない比較弱者や個人・市民・被害者に対して、恫喝・発言封じなどの威圧的、恫喝的あるいは報復的な目的で起こす訴訟である。

出典:スラップ訴訟

例としては、「化粧品大手ディーエイチシー(DHC)と吉田嘉明会長が、ブログで自らを批判した沢藤統一郎弁護士に賠償を求めた訴訟」

ちなみにここに書いてあるのですが、ユニクロもスラップ訴訟を起こしているみたいです。

http://bylines.news.yahoo.co.jp/konnoharuki/20141211-00041424/

普通に見ると関西電力はもし逆転したら「君達解っているだろうね!」的な発言に捉えられてもおかしくは無いのですが、

(ちなみに私個人的には原発ムラのがある以上は強気でも良いと思っているのではないでしょうか?なのでいっその事解体してしまえば良いとまで思っております。)

別の視点からだと取り合えず原発ムラとかそう言う事を置いておいて純粋に会社の経営者の立場からすると、

「せっかく原発が動いたのにこれで止められたら株価に影響が出るかも知れない」と言う事での「逆転勝訴をすれば損害賠償も考えられる」発言なのかも知れない。

そう考えるとどちらの意見もむげに出来ない難しい問題では無いかと思うのですが、

陰謀論を少しご覧になった方ならまあどちらがと言うのはあえて言わなくても良さそうですよね?

3度登場しますが放射能そもそも無いのかも知れませんよ~

 

 - 日本情勢