陰謀論.com

身の回りから世界まで気になった事からライトに発信

【もしかしたもう家庭に!】防衛省が経済的徴兵制を検討しているとの報道が!!

   

これはお子様を持つ全ての方にとって最重要と言っても過言では無いニュースです。

と言うのもまだ憲法改正されていないのにあたかもそれを見越したかの様な事が今検討されている!

検討とは言葉は優しいのですが、一体どんな事が検討されているのかと言うと、

防衛省が経済的徴兵制を検討しているそうです!!

イマイチ想像出来ない方の為に実はもうこの制度を導入して言う国があるのはご存知でしょうか?

そう我らが宗主国アメリカです。

もはやこれは常識ですが、この70年間日本はアメリカの植民地だって言う事はご存知ですよね?

 

これはどの国も共通する事だと思うのですが、

まずはベースとして軍需産業を生業としている企業の力が強い今の世界の現状があり、

ただ武器を生産するだけだと儲からない、

なので色々理由をつけて戦争もしくは紛争を起こす必要がある。

そうすると武器が売れて利益が出る。

だから戦争や紛争はなくならないという基本的な構造を押さえた上で次が大事です。

 

実際に戦争するには人が必要だが、進んで兵隊になる人は中々居ない。

そこで学費を吊り上げて、さらに学歴社会を作り、

高収入が実現したいのなら学歴が必要。起業して成功するにも学歴が必要だと言う社会構造を作り、

そうなると収入が少ない人は学びたくても学べない状態が起きて、

最初から徴兵制と言うバックエンドを用意してまずはあたかも低所得の皆様に国が手を差し伸べますと言って、

進学に必要なお金を貸す。

 

そしてこの借りたお金が無利子だったら良いのですが、残念ながらココに利子が付いてくる。

日本で考えたら物凄い借金をする事になりますよね?

利息だけでいくら払うの?ってぐらいの金額になると思います。

 

そしてやっとの思い出大学に行ったは良いが就職先が決まらず決まっても賃金が安く環境も悪い、

中には体を壊してしまう方、精神的に病んでしまう方もいらっしゃる状態になってしまった。

そんな状態になってしまったら働けないですよね?

そこに無残にも毎月奨学金の返済を求められる。

さらに自分の首が絞まっていくとそこで今隊に入隊すると奨学金を免除してくれると言う、

一見国からの救いの手に見えてしまうのですが、

そんな事に騙されないで下さい。

※日本は今でさえ生きているのに死んだも同然の様な消化試合の毎日を送っている方が数多くいます。

 

もし仮に今回の参議院選挙で、改憲勢力が2/3議席(78議席以上)を取って早速秋には改憲が発議されて、

めでたく自民党憲法改正草案通りに憲法が改正され国防軍も設立されました。

 

今自衛隊への応募者がかなり減っているそうなのですが、

さていざ国防軍を設立するといつでも戦いに向けて準備万端でなければなりませんよね?

そしてそれには多くの人が必要になりますよね?

じゃあそれはどこから調達してくるのでしょうか?

 

答えは奨学金を払えなくなってしまった方へ悪魔のささやきをして徴兵をすると言う手法を日本もとると言う事が検討されております。

これリアリティーがないと思う方は是非自民党憲法改正草案をチェックしましょう。

国防軍って書いてありますから。

そしてネットでは意味不明な封書が自宅に届き自衛隊への勧誘だったなんて事が報告されている事例もあるそうです。

ちないに今はもうプライバシーなんてあって無い様なものなのでそこを力強く叫んでも無意味です。

追い討ちをかけるつもりはないのですが、マイナンバーを銀行口座と連携するという事も言われているので、

一家の収支はどんなに隠してもある程度は国にバレてしまいますよね?

そこでこの家庭ならきっと折れて自衛隊に来るだろうという事で封書が届く。

意外と荒唐無稽な事ではないと思います。

不景気・低賃金・劣悪な労働環境・高額な学費

もう外堀は埋められていると言う事です。

 

 

 

 

 - 日本情勢