身近な話題.COM

身の回りから世界まで気になった事からライトに発信

【まだある】マイナンバーカードの不具合・・・今度はICチップが・・・

   

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

このブログで何度も取り上げられているマイナンバーなのですが、

つい最近も【あれ】被らないはずのマイナンバーが・・・で書いたのですが、

香川県と長野県で2人の男性に同じ番号が割り振られていた事が判明したそうです・・・

と言う内容でしたが、今度はそのICチップに不具合が起こっていたそうです・・・

ちなみに何故かなり細かい所まで拾っていくのかと言うと、

これ今は税金と役所の手続きの簡略化だと思うのですが、

これも山本 太郎氏の動画で紹介されていたのですが、

「生体認証機能」も視野に入っているそうですよ!!

そして今後銀行口座とも紐付けしてと言う事は人の行動をかなりの範囲監視出来ると言う事ですよね?

ちなみにそれって誰が得をするんでしょうか?

ちなみに今ポイントカード使っているとは思うのですが、その情報多分言い感じで活用されていると思うんですよね~

「ビッグデータ」とは聞こえが良いものの、

そして個人名は明かさず~代性別時間帯等個人名が無いから大丈夫的な感じで大手企業を中心に買い物データが収集されている昨今、

これにもし生体認証が付いたとしたら・・・

只でさえポイントカードとの連携を!なんてニュースもありましたよね?

もしこれが本当に連携しちゃったら・・・買い物情報だだ漏れになってしまいますよね?

と言うより企業側からすると喉から手が出るほど欲しい情報なのではないでしょうか?

もしこれが解ると、例えば何かの資格のテストを受けるテスト会場で実はその問題・回答用紙の隣にまさかの答えが全部あるみたいな普通では考えられない事が起こって、

そしてリサーチする必要も無いからそこにかけてた人件費が削れる、

もしくは外部委託している所ならそこの費用も削れる、

さらにかなり的確なデータが売り手側にあるので収益が上がる、

そして内部留保と言うオチだと思いますが、

マイナンバー1つでそしてもし今は噂で囁かれているレベルですが全ての機能が追加されたらもう買い物以外にも生活の全てが筒抜けと言っても良いと思います。

今もほぼ無いに等しいのですがプライバシーなんて存在しなくなってしまいますね^^

そう言う事を望むかたは是非どうぞ~と言うかアメリカに行った方が良いかも知れませんよ。

私は緊急事態条項とマイナンバーはとりあえずまずいと思うので何かあったら何でも記事にするつもりです。

そしてかなり長くなりましたが、

今配布が始まっているマイナンバーカードなのですがICチップに不具合があり、再発行するケースが全国各地で相次いでいるとの事、ちなみに大阪・堺市だけでも190件起きているということです。

同様のケースは、大阪市、京都市、仙台市、福岡市など、全国各地で確認されていますが、公表していませんでした。

カードを発行する総務省の外郭団体は、「製造段階や輸送段階で不具合が起きたと見られるが、原因は特定できていない」としています

出典:マイナンバーカードICチップに不具合、全国各地で再発行相次ぐ

何故公表されていないんでしょうか?

そして何故原因が特定できないのでしょうか?

原因が特定出来ないなら安全性が何処で担保出来ないのでは?

今後に要注目ですね!

 - 日本情勢