身近な話題.COM

身の回りから世界まで気になった事からライトに発信

【どっちが正解?】総理大臣は「屋内」、専門家は「屋外」どっちなんでしょうね?

      2016/07/07

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

さて今回ネットで記事になっておりますしきっと後日TVでも報道されるかも知れないのですが、

熊本震災に関して現総理大臣は「屋内退避」を命じた事はもう周知の事実だと思います。

そしてきっとそれとは関係ないのですが、1回目の揺れが収まってそれから家の状態を確認しようと戻ったご夫婦が次の揺れで自宅の中に埋まってしまってお亡くなりになると言うニュースを見たことがある方も多いと思うのですが、

これだけだと説得力0なのですが果たして今回の「屋内退避」の支持は間違っていなかったのでしょうか?

これ普通に考えて震度7でも耐えれますよって家は一体何件あるのか知っていた上での判断なのか?

それともとりあえず屋内にと言う理由だったのか?

そもそも丈夫な建物の中に屋内と言う「丈夫な建物」と言うフレーズを良い忘れたのか疑問が残ると言うかこれは何故なのか直接本人に聞かないといけないと思います。

まあきっと山本太郎氏あたりが聞いてくれると期待しています。

ちなみにこの指示は15日NHKが多きく報道していたそうなのですが・・・

そして現政権よりも早く14日の震度7の直後に、

政府の地震調査委員会の委員長を務める東大地震研究所地震予知研究センター長の平田直教授が「古い住宅などにいる方は、安全なところに避難してほしい」と注意を促している。

出典:被災者をミスリード 安倍首相「全員屋内退避」に過失の目

と言う事で果たしてこれまでの行いを踏まえての現総理大臣の屋内退避の指示と東大地震研究所のセンター長で意見が違うのですが、

皆さんはどちらを支持しますか?

個人的には勿論平田氏を激推ししたいと思っております。

当たり前ですが、歴史のある家屋が(城は除く)震度7の地震に遭い果たして無事だと思ったのでしょうか?

今でさえマンションの施行で欠陥が大企業でもあるのに・・・

一説によると大企業そして複数社共同だと危険度が増すそうです・・・

答えは簡単で戻っちゃダメだと思うんですよね。

これに対して慶大教授の金子勝氏は、

「耐震が不十分な建物の場合、屋外への避難を促すのは、専門家に聞けばすぐにわかる話です。でも、それすらもできていない。勝手な思い込みか何かで指示を出しているのでしょう。もし、これで被害者が出たら、まさに“人災”です。“独裁体質”の安倍政権では、首相が誤ったことをしても、周りに指摘する人も注意する人もいません。恐ろしいことです」

出典:被災者をミスリード 安倍首相「全員屋内退避」に過失の目

後これが一番大事かもしれないのですが阿蘇にはUFOの重要拠点があるかも知れないとの事です!

詳しくは以下の動画を確認下さい。

 - 日本情勢 ,