身近な話題.COM

身の回りから世界まで気になった事からライトに発信

【とうとう出ます!】舛添都知事に不信任決議案が提出される事が決定したそうです!

   

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

さてまだまだ話題騒然の舛添東京都知事ではありますが、

最近は10日の記者会見では各種問題があったにも関わらず「都民に対して仕事をしないと死んでも死にきれない」と言うまさかの続投表明をしてこれを聞いて危なく口に入れていた水を吹いてしまいそうになりました^^

理由としては都民に対しての「都民」は日本人と言う事でしょうか?もし仮にその答えがYESなら保育所の方がとあるお国の学校よりも優先されるのではないでしょうか?

後税金をあまり意味がなさそうな事にガンガン使うと言う事が都民の為なのでしょうか?これだけでも「死んでも死にきれないと言われてもどこに説得力があるのか?」と思ってしまいますね^^

そして都民からの怒りの声ではなくまさかの都議会からも「説明責任を果たしていない」と言うまさかの発言・・・四面楚歌とはこう言う事なんだと思います。

ちなみに今回の不信任決議案提出のニュースが大きすぎて8日の一般質問が終わった後都議会側に自分の給与を50%削減する「意向」を伝えたそうなのですが、最後まで見ましょう。

何を見て欲しいかと言うと「意向」と言う言葉なのですが、

・意向→心の向かうところ。このようにしたらどうかという考え。思わく。

と言う事で意思決定ではありませんので必ず50%に削減すると言う事ではありませんのでこれには注意ですよ。

きっと給与を50%カットなんてしないと思いますし今更した所でもう遅いと思います。

そして今回の不信任決議案提出のニュースこれは果たしてどう乗り切るのか!?今後に注目ですね。

政治資金の私的流用疑惑が噴出する中、辞職拒否している東京都の舛添要一知事に対し、おおさか維新の会所属の柳ヶ瀬裕文・東京都議(東京維新の会)が11日、都議会最終日の15日の本会議に不信任決議案を提出し、採決をはかることを表明した。デイリースポーツの取材に柳ヶ瀬都議は自民・公明の舛添氏追及を「茶番」と断じ、都民注目の本会議で“踏み絵”を突きつける姿勢を明らかにした。

仮に不信任決議が否決されれば、猛烈な都民の反発が予想される。一方で可決されれば舛添氏が辞職か議会解散を迫られることになる。舛添氏への追及姿勢が22日公示の参院選に影響するとも指摘される中、週明けから都議会は各会派の思惑が入り乱れ混乱を極めそうだ。

本会議に不信任案を提出するためには、手続き的に14日の議会運営委員会の承認が必要。柳ヶ瀬都議は「過去に議運で不信任決議案がつぶされた例はない。それだけ重い議案で、つぶすような行為は非道」とけん制した。

出典:維新都議、舛添知事の不信任決議案提出を決定…15日、都民注目の採決へ

個人的には恐らく無限に作られ出てくるとは思うのですがここで大きなスピン報道のネタを一つ終わらせる事が出来れば良いと思ってます。

 

 - 日本情勢