身近な話題.COM

身の回りから世界まで気になった事からライトに発信

【そろそろ限界?】菅官房長官がもう疲れたそうです!

   

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

今年の夏の選挙に向けてまさかの自民党内でもなにやら動きがあるそうで!

これはもしかしたら朗報になるかも知れませんよ。

勿論だからと言って自民党を応援しましょうと言う事には絶対にならないのですが・・・

と言うのも「直ちに影響はない」と言う役割しか持ってないのではないかと思われる菅官房長がもしかしたら、

安倍総理に嫌気が指しているのではないかと言う噂は実は去年あたりから少し出ていたのですが今回見た記事は中々のボリュームで、

こんな特集的な記事があると言う事はあながち間違いではないのではないのでしょうか?

まあ私が同じ立場だったら持って2ヶ月でしょうかというぐらいある意味激務である事は確かなのですが、

実は菅官房長官も中々の実力者だった事が明らかになっておりそして慕う方もかなりの人数がいて今静に自民党内で反安倍が盛り上がっているのではないかと思います。

しかし懸念材料として菅官房長官を慕う方の中にはリンクにも出てきますがあの三原じゅん子もその内の1人だとか・・・

ちないに子宮頸がんワクチンと言えばですよね?

もし安倍政権を自民党内で退治してくれるなら清和会の勢力も一掃してもらい芸能人やメディア出身の大臣の一掃して頂けたら・・・

1兆歩譲って今の与党よりはマシになるのかも知れません。

あくまで1兆歩譲っての話です。

そして以下は今回の件を発見出来た貴重な記事なのですがW選挙をこのままやると・・・

「影の宰相」菅義偉官房長官が、ついに動く。

’09年に自民党が一度下野して以降、派閥に属さず、「一匹狼」を貫いてきた菅氏。しかし、

「彼は総理の振る舞いや政権支持率の下降、また自民一強が長く続いて党内に驕りが出ていることなどを、きちんと分析している。『その先』の下地を固めるために、ついに自分のグループを作ろうとし始めたのかもしれません」(前出・浅川氏)

その理由は、彼がその圧倒的な政界ネットワークと勝負勘にもとづいて、こんな「答え」を弾き出したからに他ならない。「もはや安倍政権は、そう長くはもたない」と。

7月10日投開票の可能性が高い、衆参ダブル選挙。本誌が4月23日号で掲載した選挙予測は、「野党共闘が実現すれば、衆院で自民党65議席減、民進党74議席増」というショッキングなものだった(http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48437)。

安倍総理は今、悩みに悩み抜いている。解散に踏み切るべきか、否か。

出典:安倍晋三が影の宰相・菅義偉の「反乱」に脅え始めた

まあ今の現政権での内乱は大小問わず大歓迎でそして夏の選挙であっさり負けて頂く事を毎日祈っております。

ちなみに菅官房長官のご子息は大成建設にいらっしゃるそうです。

国際ハイウェイ計画に一枚かんでいるかも知れませんね~

 

 - 日本情勢