身近な話題.COM

身の回りから世界まで気になった事からライトに発信

【さすが言わざるを得ない!】参院選情勢報道で日経・読売新聞が同一調査データを使い回しているとの事・・・

      2016/07/04

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

2016年参議院選挙の公示日から3日目ですよ!!

皆さんまずは投票に来ましょう^^

このブログでは何度も書いてますが、

「今回ばかりはヤバいらしい!」

何故か解る方はいらっしゃいますか?

もしかしたら一応公平な選挙は今回が最後になるかも知れないからです。

そしてそれは何故か?

そもそも、

・国民主権

・平和主義

・基本的人権の尊重

「何寝ぼけた事を行っているんだ!」と

昔の明治憲法に戻そうと言う勢力が今かなり力を持っている状況。

そしてこの参院選で改憲勢力が勝つと憲法改正の流れ。

上記3点は憲法から無くなります。

完全に無くなるものもあれば、巧妙に言葉を作り変えられて・・・

「もう人権があるから大丈夫!」っていう日本じゃな無くなる、

そして全体主義・経済至上主義が中心となって、

軍需産業がメインの国になってしまうかもしれない。

そんな事を何とか止めようと言う選挙でもあるのです。

そしてそんな大事な選挙ならと言う事で途中経過が気になると思いますが、

ここで今回登場の日経・読売新聞がまさかの同じサンプルの数字を使っていると言う事が若干ニュースになっています。

ちなみに写真はこれです。

06093a1ceeec6164a96650b81646a36fbc492aca-thumb-280xauto-17702

de9e20497b259e02a59d841d7c38541c8af53409-thumb-295xauto-17705

(上)読売新聞(下)日本経済新聞

出典:参院選情勢報道に重大な疑義 同一調査データ使い回しの可能性

 

ここで陰謀論的な観点から見ると、

特別不思議じゃあないのはもうご存知の方も多いと思います。

 

・日本経済新聞→アメリカのCSIS(進次郎クンも関係している)と関わりがあり、

かの有名なリチャード・アーミテージ氏・ジョセフ・ナイ氏の講演会を行っていたりする。

 

・読売新聞→当時A級戦犯だった正力松太郎が作ったとされていて、コードネームがあるからCIAとの繋がりもある。ちなみにコードネームは「ポダム」

 

と言う事は応援しているのは、

・改憲派?

・護憲派?

※どちらも一枚岩ではないと言う前提がありますがとりあえず解りやすく2つに分けました。

勿論改憲は勢力である事は明白だと思います!

理由は簡単、

大手メディアはスポンサーには逆らえない、

じゃあそのスポンサーの後ろには誰がいるのでしょうか?

メディアとスポンサーとの間にも大手広告代理店が居る・・・

この事を考えて頂ければ何か気が付く事があるかも知れない。

 

もし仮に改憲勢力側ではなかったら、

三宅 洋平の選挙フェスを追いかけてしかもライブ中継してくれますよ!!

もしくはその局だけ予算を割いてCMを製作から関わってくれるかも知れない。

なんせあの山本 太郎の推薦なんですよ?

もっと皆に見せてあげても良いと思います。

 

結論どちらも昔から向こう側ですよと言う事でした。

こう言う見せ方がこれからも続くと思いますが、

まずは野党共闘を成功させ、

そして業界の中で戦っている方は無理せず戦って欲しいと思います。

 

 

 

 

 - 日本情勢, 選挙 , ,