身近な話題.COM

身の回りから世界まで気になった事からライトに発信

【これ大丈夫!?】東京都府中市の市職員を自衛隊に体験入隊・・・

   

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

さて昨今の自衛隊事情は熊本の震災で自衛隊が活躍したかと思えば、

つい最近は南スーダンに中国の駆けつけ警護と言う事で戦地に向かってしまった自衛隊ですが、

ここでビックリするニュースが飛び込んで来ました!!

どうやら民間企業ではなく市の職員がまさかの自衛隊の体験入隊に自ら参加したのではなく行かされると言う不思議な事が起こっているみたいです。

勿論自分達で考えてこういう事になったのならスルーするつもりだったのですが、まさかの研修の一環と言う何と言ったら良いのかと言う事が起こっているみたいです。

なぜこの時期に?という疑問と、

理由が個人的には到底納得出来るものではないのでこれは書くしかないと思ってしまいました。

発案者がまず体験入隊してくれば良いのではないのか?

手本を示さない人って多いですよね~

そして関連する企業に行くならまだしも自衛隊って市の職員はそんなつもりで職員になったのではきっと無いと思いますよ。

確かに個々人に様々な思惑があるかと思いますが、

研修先間違えてますよ。

声に出ないと思いますが「自衛隊に体験とか意味が解らない」と思われてますよ。

まあでも市の職員と言う事はきっと上司が絶対!さらにその上も勿論絶対!!的なヒエラルキーの中に身を置く事になるからこれからはこういうリスクも覚悟しないといけないのかも知れません。

だからと言って認めろという訳ではありませんので。

下記にいつもの如くシェア記事載せますが、

「ゆとり世代」は本当にダメなのでしょうか?

私はそんなこと無いと思いますが鍛えなおすってそちらの勝手な思い込みでしょ?ってちょっと言ってあげたくて・・・

 東京都府中市は今年度から、入庁3年目の市職員全50人を自衛隊に2泊3日で体験入隊させる。

研修の一環で、同市は「厳しい規律の中で『ゆとり世代』の若手職員を鍛え直したい」とその意義を強調。ただ、識者からは否定的な意見も出ている。

研修は同市内にある航空自衛隊府中基地で実施。事務職、技術職、保育士職の全員が6月の平日3日間を使い、災害時の救助活動やあいさつ、行進などの基本動作の訓練を行う。宿泊を伴う集団生活では時間厳守や整理整頓も重視される。

同市の入庁3年目は、初めて配置された部署から異動する時期。一部の職員には自分が何をすべきかを見失ったり、積極性に欠けたりする傾向が見られるという。

このため、市職員課は「規律に厳しい自衛隊の訓練を通じて、ゆとり世代があまり経験していない上下関係を学び、チームワークや積極性などの向上につなげたい」としている。

出典「ゆとり」市職員、空自で鍛え直し…3年目研修

ここで申し訳ないですが市役所の業務を外から見る限りやはり自衛隊は関係ないと思いますよ。

上下関係を学びってただの押し付けですね。

もうそういう旧石器時代的な方法は通用しないって事を解った方が良いと思いますよ^^

実際に訓練する自衛隊の方々ももしかしたら疑問に思っているのかも知れませんよ。

 

 - 日本情勢