身近な話題.COM

身の回りから世界まで気になった事からライトに発信

【これも安倍下ろし?】オフレコだったはずなのに・・・クルーグマン教授が極秘会合の中身をばらしてしまった!

   

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

このニュースももう「安倍さんお疲れ」モードに突入要るかも知れないと言う事をちょっと連想させるのですが、

何かと言うと、

 安倍首相が増税延期の“お墨付き”を得ようとして開いた「国際金融経済分析会合」。マスコミ取材は冒頭のみの非公開会合だったのに、今月22日の第3回会合に招かれたノーベル賞学者のクルーグマン・ニューヨーク市立大教授が詳細な英文の議事録をネットにアップしてしまったのだ。

出典:安倍首相赤っ恥 クルーグマン教授が極秘会合の中身を暴露

と言う事で日本人は出来ない事をやってのけてくれたのがクルーグマン・ニューヨーク市立大学教授がまさかのオフレコですから~と言う部分を公開してしまったと言う衝撃のニュースが入りました。

本当は心から笑ってあげたいのですが、これも陰謀論的な考え方で行くと素直に喜べないんですよね~

まあ今回ぐらいはかなりの衝撃なので良いかとは思うですが、

このクルーグマン教授は「どちら側についているのか?」と言う事がかなり気になります。

ちなみに夢が壊れてしまうかも知れないのですがノーベル賞って本当に素晴らしい方のみなのでしょうか?

まさかとは思いますが国際金融化と呼ばれる方々が絡んでいないですよね~

と思って調べてみるとこれまたあっさり出てきちゃいました・・・

ノーベル賞=ロスチャイルド貢献賞について

ロスチャイルドって名前も出ちゃってますね^^

しかも常識だそうで・・・

と言う事でクルーグマン教授が行った事は普段日本人が聞けない内容なので喜ぶべきなのですが、

ロスチャイルドの息がかかった方ならまさかのマッチポンプの可能性もありますよと言う事です。

陰謀論はこんな感じで1回置いておいてじゃあどう言う事が今回めでたく暴露されてしまった内容なのですが、

 会合は前半、クルーグマン教授の提言で、「世界経済は弱さが蔓延している」「金融政策だけでは足りず、財政出動が必要」などと発言。「マイナス金利をこれ以上進めるのは難しい」と、黒田日銀にとって耳の痛い話もしている。

例えば安倍首相は「難民のための住宅投資や教育投資は景気刺激になるのではないか」と質問。

これに対し教授は「難民受け入れは、とてつもない社会的緊張をもたらすが、実のところ金額的には大したことはない」とやんわり否定。人道問題である難民を、経済的価値でしか見ていない安倍首相の底の浅さが透けて見える。

また、菅官房長官は「商品価格の下落が発展途上国に大きな打撃となっている」と発言したが、教授は「商品価格ではなく、需要不足こそが問題だ」とこれまた否定した。

出典:安倍首相赤っ恥 クルーグマン教授が極秘会合の中身を暴露

と言う事で全体的に否定されている残念な結果になってしまった感じで、

暴露に関しても「外国人だから法的的拘束力はない」との事です。

まあ教授がどちら側なのかって所が需要かも知れませんね。

ちなみに全文英語なので全く読めませんが教授のTwitterアカウントのリンクからその会合のものと思われるPDFがあったので以下に貼り付けて起きます。

https://www.gc.cuny.edu/CUNY_GC/media/LISCenter/pkrugman/Meeting-minutes-Krugman.pdf

 - 日本情勢