身近な話題.COM

身の回りから世界まで気になった事からライトに発信

【これはまずい!】一億総被爆プロジェクトなるプロジェクトが静に動いている・・・

   

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

さて震災の話、東京都知事の豪勢なお金の使い方の話、世界各地で地震が起こっていると言う話、

まだまだ余談を許せないこの状況なのですが、

ここでビックリするような事が起こりつつあると言う情報をキャッチしました。

と言うのも一億総被爆プロジェクト(仮名)なるものが動いているそうですがこれ皆さんご存知でしょうか?

そんな事はきっと無いと思っていたと思うのですが、福島原発の放射性廃棄物を何と公共事業で使えるものは使ってしまおうと言うプロジェクトが進んでいるそうです・・・

ちなみにこれです。

o0800053213457835925

出典:写真に見る放射能汚染がれき : 福島第一原発の指定避難区域の今

これどう思いますか?

福島が危ないと判断してせっかく外に避難したのにこれでは意味が無いと思ってしまうのでは無いかと思うとちょっとやりきれないです。

そして今回この一億総被爆プロジェクトなるものを指揮するのは勿論「環境省」

そう言えば環境省と言えばもうボロが出ちゃってしまったこの方、

AS20160212004261_comm (1)

出典:被曝線量「根拠ない」発言を撤回 丸川環境相

と言う事でこの方ただ貰った原稿を読んで時々持論を展開してこういう風に地雷を踏むと言う役割なんでしょうね~

ある意味素晴らしい大臣だと思います^^

勿論この方も国民のほうは全く向いていないしと言う事はどっちを向いているのか、

そもそもどこも見てないのか?

ただの政権内のサラリーマン的な役割なのか?

これは凄く気になります。

そして今回の一億総被爆プロジェクトについては以下をご参照頂ければと思います。

環境省は3月30日、東京電力福島第1原発事故後の除染で出た汚染土に関し、最終処分に向けた技術開発の戦略をまとめました。

再生利用の例:環境省資料より

8,000ベクレル/kg以下の汚染土を、「遮蔽および飛散・流出の防止」を行った上で、全国の公共事業の盛土材等の構造基盤の部材で利用できる方針が決まりました。例として挙げられているのは、道路・防潮堤・海岸防災林・土地造成・水面埋め立てなど。周辺住民などの追加被ばく量は年間10マイクロシーベルトに押さえられるとしています。

ちなみに、原子炉等規制法に基づく規則においては、原発の解体などによって発生したコンクリートや金属などの再生利用の基準は100ベクレル/kgとなっています。

今回の環境省方針は、この80倍となります。環境省の「省令」で規定するとしています。

出典:一億総被ばくの国家プロジェクト… 8,000ベクレル/kg以下の除染土を 全国の公共事業に!?

ちなみにこのプロジェクトに反対する署名も出来るそうで是非と言う方は以下からは入れますのでまずは見てみて下さい。

http://www.foejapan.org/energy/fukushima/160416.html

 

 - 日本情勢