身近な話題.COM

身の回りから世界まで気になった事からライトに発信

【これからの備え】iPhoneでも情報が取れるので是非色々な設定を!

   

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

日本はiPhoneの普及率がかなり高いと思うので今回はiPhoneを初めスマートフォンが情報収集に役に立つと思うので、

「普段電話でしか使わないから・・・」と言う私と同じようにお使いの方も少なからずいらっしゃると思うので、

この際にこれから来ないとも限らない緊急事態速報等を通知出来る様にしておいた方が良いかも知れません。

~「緊急地震速報/災害・避難情報」の通知設定~

1.パスコードを入力して画面ロックを解除して頂きます。

2.デフォルトで入っている「設定」のアイコンをタッチして頂きます。

3.現在のiOSによって表示は異なりますが、「通知」もしくは「通知センター」なる項目をタッチして頂きます。

4.画面が切り替わったら大体一番下にあるので「緊急地震速報/災害・避難情報」の緊急速報をオンにして頂きます。

これで設定は以上になります。

これで

緊急時の速報が通知されるので避難所にいらっしゃる方全員が同じ設定をすると音が大変な事になり余計に恐怖を煽ってしまって逆効果になり兼ねないのでボランティアの方々が何人か速報を受け取れる環境に設定しておけば良いかも知れません。

後は大手通信会社3社3様の通知方法もあるのでそちらもご参照下さい。

緊急地震速報・docomo

緊急速報メール

緊急速報メール(緊急地震速報+津波警報+特別警報+災害・避難情報)

後はSNSも中々進化しておりいつもは違った用途でお使いの方が多いと思うのですが、

「Twitter」です!

その中の「気象庁」の公式アカウントをフォローすると言う方法もあります。

注意点としては他の情報に埋もれてしまう可能性があるのでその点は注意が必要だと思います。

後はアカウント検索で「地震速報」と検索するとこれまた色々出てくるのでどちらかお好きな方をフォローすると良いかと思います。

さらにスマートフォンならネットに繋げる事が出来れば各種ニュースを検索する事も出来ますし、

youtube等の動画やラジオアプリ等も活用出来ると思いますし、

逆にSNSを上手い事活用して頂き現地の情報を発信して頂く事も出来るかと思います。

そして今熊本県内ではWi-Fiが無料開放されているそうなので、

コンビニエンスストアや駅などに設置している公衆無線LANを災害時には誰でも使えるようにするものです。
具体的には、無線LANに対応しているスマートフォンやパソコンを公衆無線LANが設置されている場所に持っていき、ネットワーク名を「00000JAPAN」に設定することで、インターネットを使えるようになります。
これまでにKDDIとソフトバンクが開放しています。

出典:熊本県内で「Wi-Fi」無料開放

と言う事で今回は災害時にももしかしたら役に立つかも知れない情報収集の仕方でした。

 

 

 - 日本情勢