身近な話題.COM

身の回りから世界まで気になった事からライトに発信

【ここにももしかしたら・・・】刑事司法改革法案が今国会で成立するかも知れない・・・

   

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

これはかなりの悲報です!!

まず初めに書いておきますが私の判断で勝手に今まで投稿した記事は消しませんのであしからず!!

消されたら誰かが勝手に行った事だと思って頂ければと思います!!

ちなみに勝手にログイン出来るのは今まではハッカーだけだと思っていたのですが、

これからもしかしたら警察が勝手に入ってよし!みたいな感じになり記事がガンガン消されると言う、

いわゆる言論封殺と言う事が本格的に行われるのではないかと思っております。

そしてもしかしたら昨今のTPPに関する不祥事なのですがもしかしたらこっちが本命の為のスピン報道の可能性は無いのでしょうかと疑ってしまいたくなってきました。

一応毎日記事は少ないながらも更新しているので数を記録しておこうと思います。

まあまだこの国に言論の自由表現の自由があればのお話ですが・・・このまま行くときっと近いうちに無くなってしまうと思います。

そして今回は何故それを知ったかと言うと私が個人的に拝見させて頂いたいる方のブログの本日の記事でハッキリ言って愕然としてしまいました。

これからはセキュリティーの欠片も無くなると言う事できっと間違いないと思います。

そして対案が弱すぎるからやはり野党はマッチポンプに加担している疑惑が一層深まる出来事になってしまいました。

メガトン級の悲報!!ついに日本終了です。
「国民の発言禁止法」が再起動しました。
今国会で成立する見通しです。

4/9読売新聞
盗聴法成立の見込み…参院審議に与野党が合意
=記事の要点=

去年の参院で停滞していた「刑事司法改革法案」が再起動。
週明け4/11から審議を再開することに与野党が合意した。
(与党は議席数2/3なので)今国会で成立する公算大。
野党は、成立の条件としてヘイトスピーチ対策法案の、
今国会成立を約束するよう、与党に求めている。

たかがヘイトスピーチ程度を、
このトドメ法案と交換条件なんて気が狂っている。
これが交換条件なら野党はプロレス=偽装野党と言うことです。

=おさらい=
刑事司法改革法案=盗聴自由法。
皆さんのシェア2万人を超えたページです。
今や国家非常事態…ネット発言禁止法が衆院で可決

この法案は、全く関係ない4つを束ねた、
目くらまし法案です。

刑事司法改革法案は4点セット
取り調べの
可視化=録画
一見改善に見えて実は
録画を適用する犯罪は犯罪全体の2~3%。
つまり目くらまし。本気じゃない。
司法取引 犯罪者が他人をチクれば、減刑してあげる。
無実の貴方をチクるかも?冤罪が激増します
国選弁護人
を義務化
軽犯罪にも弁護士を派遣。どーでも法案。
通信傍受の
対象拡大
従来は裁判所の許可を得て、警察がNTTに
出向き第三者の監視付きで盗聴していたが、
今後は警察署内で勝手に盗聴していい。
電話もネットもメールも、好き放題に盗聴。
貴方のブログ、FB、ツイッターに
警察が裏でこっそりログインします。

私が「国民の発言禁止法」と呼んでいる意味が分かるでしょう。
この立法で、日本のインターネットは終了です。

出典:ついに日本終了=「国民の発言禁止法」が成立へ

これでまた一つ実験が増えて嬉しいのですが、果たしてどこまで来るのか気になりますね~

 

 - 日本情勢