身近な話題.COM

身の回りから世界まで気になった事からライトに発信

【あれ】被らないはずのマイナンバーが・・・

   

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

今日の毎日新聞にかなり気になるニュースが・・・

確かCMでは、「1人に1つマイナンバー」上戸 彩大先生が笑顔でアピールしていた気がするのですが、

昨日は確か鎌倉かどこかでシステムトラブルか何かでカードが発行出来ない方がいらっしゃったそうなのですが、

ニュースにはならなかった(もしかしたらさせなかったと言う線まであると私は勝手に思っております。)そうですが、

公式ツイッターではその情報が投稿されたそうなのですが直ぐに消されたそうです。

その時点で隠したい疑惑が出て来てもおかしくはないですよね~

今日はこれもシステムトラブル?もしくは人的トラブル?かどうか解りかねますが、

香川と長野で2人の男性に同じ番号が割り振られていた事が判明したそうです!!!!

これビックリですよね??

そういえばセキュリティーもバッチリと言う話ではなかったのでしょうか?

勿論私はアメリカや韓国の様に共通番号制にしたばっかりにかなりの被害が起こると予想しております。

が今回需要なのはまずは入り口で躓いている事が非常に重要だと思いますし、

これはもっと騒いで言い事件だとと思います。

具体的に言うと最近やたらと芸能人のニュースが繰り返し報道されている事が多いらしいのですがそのスピン報道並みにやって欲しいです。

まあ無理だと思いますが・・・

今回の騒動は、

香川県坂出市と長野市の2人の男性に同一の個人番号が割り振られていたことが23日、坂出市への取材で分かった。マイナンバー作成の基になる住民票コードが重複していたことが原因。2人の氏名の読み方と生年月日が同じだったため、長野市の男性が同市に転入してきた際、坂出市の男性が転入してきたと長野市職員が勘違いし、2人の住民票コードが同一になったという。

坂出市市民課によると、坂出市の男性が2月上旬、高松西年金事務所(高松市)で年金を照会した際、住所が長野市になっていることを職員が見つけて発覚した。現在、トラブルは起きていないといい、今後、男性に新たな個人番号を割り振るという。

出典:マイナンバー 男性2人に同一番号 香川と長野で

と言う事のですが氏名の読みと生年月日が一緒だった為って・・・最後には職員の勘違いと言うオチが付いております^^

そして何と1人に1つのマイナンバーだったはずが新しい番号を割り振ると言う始末・・・

何が言いたいかと言うとこれの利権を狙った企業が手を上げる所まではきっと一生懸命だったんだと思いますが、

いざ決まったら後は宜しく~って言う感じなのでは無いかと思います。

そしてこれに限った事では無く公共サービスって大体こんな感じだったりして・・・

 

 

 - 日本情勢