身近な話題.COM

身の回りから世界まで気になった事からライトに発信

【ある条件がありました~】どうやら舛添都知事の完全勝利みたいですが・・・

   

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

さてまだまだ辞職で全てが終わってしまいそうな舛添都知事ですが、

と言うのも実は舛添都知事と自民党で辞職について密約があったと言う事が解りました。

「マジでか~」と言うのが正直な感想です。

こういう事があるならオリンピック利権の暴露なんて全然望めませんね・・・

結構期待していたのですがいやはや残念です。

一応スピン報道継続中と言う事ですが石原慎太郎氏の前にまずはこっちです。

もう21日に辞職してしまうのですが、

今日の内容は忘れない方が良いと思います。

と言うのも、

「舛添知事と都議会自民は13日の議会総務委の開催前から、密かに辞職について話し合っていた。そこで、舛添知事は辞職を受け入れるための“ある条件”を示していたとささやかれています」(都政担当記者)

“ある条件”とは①告発状が出ている政治資金規正法違反容疑の捜査を検察にさせない②百条委員会は開かない③20日の集中審議を開かない④辞職してほとぼりが冷めたころ、政界復帰を含めた何らかのポストを用意する――だったという。

出典:笑い止まらぬ舛添氏 都知事辞職でも“条件成立”で勝ち逃げ

まあまずは擁立した自民と何らかの交渉はきっとあるだろうと思っていたのですが、

ここまで凄いとは思いませんでした。

一国の首都のトップになったらこんな待遇が待っているんですね!

初めて知りました~

これはもしかしたらみんな何かの政治のトップを目指した方が・・・ってはなりません。

是非今・もしくはこれから戦う方はこういう甘い誘いにはのらない様にお願いしたいです。

1度のったらアウトですから。

それにしても基本は辞職したくなかったんですねと言うのが解るかと思います。

条件を一つ一つ見ていくと、

・今かかっている容疑の捜査を検察にさせないって・・・これマジですか?今回に関しては何法違反に当たるのか疑問の声もあるのですが、捜査されないと言う事へのインパクトが凄いんですが・・・

・そして百条委員会なんですが、

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科せられる。通常の質疑応答や調査などでは事実関係が判明しない場合や、疑惑を引き起こした当該自治体内の人物に圧力をかけることなどを目的として設置されることが多い。

出典:コトバンク

これで関係者の保護をして、

・集中審議もしない

・ほとぼりが冷めたら政界復帰含めたなんらかのポストを用意って・・・

ちなみに最初はこの条件自民は飲まないと決めていたのですが・・・

続きはリンクで!

 

 - 日本情勢